建物は安藤忠雄氏が設計、日本最大級の『花緑とアート』を融合させた植物園/奇跡の星の植物館(兵庫県淡路市)

建築家・安藤忠雄氏が設計した植物園

淡路島の北東部にある『淡路夢舞台』は、世界に名を馳せる建築家・安藤忠雄氏によって設計された複合型リゾート施設。壮大な回廊、ホテル、国際会議場、温室、展望テラスなど複数の施設が一体となって整備されており、その中を回遊すると、まるで迷路の中に足を踏み入れたかのような、冒険心をくすぐられる楽しい散策ができます。

kisekinohoshi01

そうした『淡路夢舞台』の建造物群の一角にある、二つの直方体をクロスさせたガラス張りの施設が『奇跡の星の植物館』です。館内は国際花と緑の博覧会やジャパンフローラ2000の企画・展示・プロデュースを行った辻本智子氏による展示が行われていて、温室としては日本最大級の展示面積を誇ります。

花緑とアートを融合させた展示空間が特徴

kisekinohoshi02

建物の中に入れば、そこは常夏のトロピカル空間!
館内では食虫植物をはじめとした珍しい植物を展示するだけではなく、水・光・アート等、多様なエレメントとのコラボレーションを試みながら自然の美しさ・素晴らしさを五感に訴えかけるような工夫がされています。
(この写真は2月に開催されるラン展の様子)

温室はいくつかの区画に分かれていて、植物の形・色・香りといった特徴に焦点をあわせた人間の五感を刺激する展示となっています。植物の形に注目する『プランツギャラリー』や植物の持つ色で演出する『トロピカルガーデン』、伝統工芸とコラボした『和の庭』など、それぞれのコンセプトに沿った展示空間となっています。

夏はトロピカルガーデンショーを開催!

kisekinohoshi03

そして、メインは一番奥にある『フラワーショースペース』。年7回、世界の花文化をテーマにフラワーショーを開催していて、花に包まれたパーティーやコンサート、結婚式なども行われます。
例えば2016年7月16日(土)~9月23日(金)までは『南の島の夏物語 トロピカルガーデンショー』を開催中!

kisekinohoshi04

ハイビスカス、アンスリウム、ブーゲンヴィレアなどのカラフルな熱帯の花々が見られ、辺りはまさにトロピカルな雰囲気!

kisekinohoshi05

また「見つけよう!楽しい熱帯の仲間たち」をテーマに、南の島に住む動物をモチーフにしたトピアリーも登場。
(トピアリー とは、常緑樹や低木を刈り込んで作成される造形物のこと)

色とりどりの熱帯の花々とフラミンゴやイルカなどのトピアリーで演出する不思議で楽しいポップなサマーガーデン。
『花緑とアート』が融合した独特の空間を散策できます!

kisekinohoshi06

館内にある『ミラクルプラネットカフェ』では、フラワーショーに合わせた期間限定のスペシャルメニューのパフェ『トロピカル』も堪能できます!夏の暑さも吹き飛ばしてくれる爽快なスイーツです。

kisekinohoshi07

さらに、2016年9月17日(土)~9月19日(月・祝)の3日間は『淡路夢舞台 花の文化祭』を開催。
『奇跡の星の植物館』のトロピカルガーデンをステージにして、フラダンス・ベリーダンス・子どもミュージカル・ウクレレライブなどを上演。淡路島の食や手作り雑貨のお店も3日間限定で登場します。
淡路島の魅力をたっぷりと満喫できるイベントですので、ぜひご来館くださいね!

季節に合わせ年間7回の模様替え!

『奇跡の星の植物館』は季節に合わせて年間7回の入替えにより、訪れるたびに空間全体が様変わりするのも魅力の一つ!

kisekinohoshi08

11~1月には『クリスマスフラワーショー』が開催され、土日やクリスマス前には夜間も開館(21時まで)。
高さ10mのツリーに100種2万株を超えるホワイトフラワーと数々のオブジェが演出する厳かで幻想的なクリスマス・イルミネーションを満喫できます。
隣接する『淡路夢舞台』の建造物群にも様々なイルミネーションが配置され、夜はロマンチックなデートスポットに。

kisekinohoshi09

こちらは3~4月にかけて開催される『花見の庭』。早咲きの桜などを入れることで期間中はいつでも桜のお花見を楽しめ、ユキヤナギ・コデマリ・桜草などの多種多様な春の植物と日本の伝統芸術作品のコラボレーションが生む華やかな和風の庭を散策できます。

その他に、1~3月は特別展『淡路夢舞台ラン展』、4~5月は『薔薇祭』、6~7月は『ホワイトガーデンショー』、9~11月は特別展『あわじガーデンルネサンス』を開催。

『奇跡の星の植物館』は建築家・安藤忠雄氏が設計した国内最大級の温室植物園で、どの季節に訪れても『花緑とアート』が融合した魅力的な空間を楽しめます。
隣接する『淡路夢舞台』『淡路島 国営明石海峡公園』と合わせて、ぜひ訪れてみてくださいね!


◇兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
所在地/兵庫県淡路市夢舞台4番地
電話/0799-74-1200
開館時間/10:00~18:00 (最終受付時間 17:30)
休館日/7月・11月の第2木曜日
※その他、フラワーショーのスケジュールに合わせて臨時休館日があります
入園料金/大人600円 高校生300円 (小学生・中学生・幼児は無料)
※特別展は料金が変更となります
※国営明石海峡公園とのお得なセット券もあります(特別展開催時を除く)
駐車場/あり(1日500円、約600台)※夢舞台地下駐車場が最寄りの駐車場になります
http://www.kisekinohoshi.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松岡 広宣

松岡 広宣

松岡 広宣/フォトライター 1974年生まれ、兵庫県西宮市出身、西宮市在住。メディアポリス株式会社 代表取締役。 ソーラー発電付きエコキャンピングカー【ソーラーキング号】で全国各地を訪れながら、日本の美しい風景をハイビジョン映像で撮影しています。 できうる限り全国くまなく歩き回って、貴重な日本の自然や風景を映像として後世に残していきたいと考えています。 日本全国を旅していますが、もちろん、地元の瀬戸内も大好きです! 「癒しの国 日本.TV」 ~ 日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行 http://www.healing-japan.tv/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP