割烹旅館をリノベーション!旅人と街人が交差する、地域の新たなプラットフォーム/uzuhouse(山口県下関市)

下関のまちの新たな動きを予感させる『uzuhouse』(ウズハウス)。
ゲストハウスであり、カフェ&バーであり、イベントスペースであり、はたまたシェアオフィスの機能も持ち合わせたこの場所が、動き始めました!

たくさんの人と作った『uzuhouse』

uzuhouse01

この場所の魅力の一つが、素敵なスタッフの皆さん。「いらっしゃいませ」と「おかえりなさい」の、ちょうど中間のような落ち着いた物腰で迎えてくれました。
中央の眼鏡の男性が、ここウズハウスの代表、沖野さん。

uzuhouse02

何を隠そうこのゲストハウス、クラウドファンディングで支援総額44,389,000円、支援者数425人という、当時日本最高額をたたき出した有名事例。それだけ多くの方の期待と注目を集めている場所なのです!
元割烹旅館であった4階建ての建物をリノベーションし、2016年8月にオープンしました。

uzuhouse03

ドミトリールームのカーテンがとってもカワイイ!
他にもスタッフの皆さんの『好き』が随所に詰まっています。
資金繰りからリノベーション、現在の運営に至るまで、本当に『みんなでつくった』場所だということを体感できます。

窓を開けるとそこは…

uzuhouse04

ふと窓の外を見ると、すぐ横を大型タンカーが!思わずビクッとしました。
海が目の前で潮風が心地よく、バルコニーに出るとなんだか船の甲板にいるような感覚に…。

uzuhouse05

そんな関門海峡の美しさと躍動感を表しているのが1階エントランスの壁画。
世界的に活躍する踊絵師・神田さおり氏のライブペイントによるものです。

県産材をふんだんに使ったおもてなし

uzuhouse06

特筆すべきは、絶対に一度は泊まってみたい、このデラックスルーム!
山口県産のシイの木を使った床、徳地和紙を使った建具など、地域の素材がふんだんに使われています。

uzuhouse07

ハンガーホルダーや照明もこだわりの逸品ばかりです。
部屋に入ると、木のいい香りがして、思わず立ち止まり深呼吸…。

地域の『人の駅』として

uzuhouse08

この場所でコーヒーを飲んで、泊まり、遊んでみると、本当に様々な場所から様々な人が集まってきているということが分かります。地元のおじいさんおばあさんもいれば、オーストラリア出身の旅人もいました。

uzuhouse09

大きな家具と広々スペースでゆっくりできるためか、平日の昼間はお子さん連れのカフェ利用で結構にぎわっているんだとか。

旅人であれば何度も通いたくなるゲストハウス。
街人であれば週に一度は顔を出すカフェ。
オフィスやイベントスペースで、仕事と遊びも加速中。
いろんな化学反応がどんどん起きているウズハウスの今後に、ワクワクが止まりません!とりあえず、下関に来たらまずは立ち寄ることをオススメします!


uzuhouse
所在地/山口県下関市阿弥陀寺町7-8
駐車場/駐輪場・駐車場8台(要事前予約)
営業時間/9:00〜23:00
定休日/不定休
電話/083-250-9787
宿泊料金/ドミトリー 1人1泊/3000円(税込)
和室    2名利用1室1泊/9,000円(税込)
3名利用1室1泊/12,000円(税込)
4名利用1室1泊/14,000円(税込)
5名利用1室1泊/15,000円(税込)
洋室    1名利用1室1泊/4,500円(税込)
2名利用1室1泊/7,000円(税込)
デラックスルーム 1室1泊/39,000円(税込)

http://uzuhouse.com/

瀬戸内Finderフォトライター 乙倉慎司

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

乙倉 慎司

乙倉 慎司

岡山市出身。28歳。Uターン(仮)。 岡山に18年、山口に6年暮らしていました。建築・デザインに関する仕事をしています。瀬戸内の水辺が大好きで、大学時代はあちこちの漁村に訪れ、フィールドワークに明け暮れていました。使われなくなった建物を地域の方とリノベーションして、面白い場所を作りたいと考えています。 いろいろな場所を点々と移動しながら、そこで見つけた素敵なヒト・コト・モノを、皆さんと共有していきたいです。

「ホテル・宿」のランキング

「ホテル・宿」の記事はまだまだあります

ホテル・宿一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP