瀬戸内海を見下ろす高台にオープン!山に木を植える養蜂家がひらいたハチミツカフェ/KASAHARA HONEY(山口県周防大島町)【PR】

本州と橋でつながる、周防大島。
今回ご紹介するのは、その架け橋(大島大橋)を見下ろす高台に誕生した『KASAHARA HONEY』。島の養蜂家がひらいた、ハチミツ専門のスイーツ&カフェです。先に申し上げておきます。取材していて、何度も目頭が熱くなりました。

周防大島に『ハチミツカフェ』が誕生!

kasahara_01

こちらがその『KASAHARA HONEY』。瀬戸内海と橋を見下ろす高台に2016年にオープンしました。

kasahara_02

木製の扉をあけると、ハチの巣を彷彿とさせるディスプレイがお出迎え。周防大島産100%の純粋ハチミツがずらっと並びます。
さっそく珈琲を注文すると、店員さんから「ハチミツはお入れしますか?」と、聞き慣れない返答…
「ハチミツですか?」
「はい、1スプーンは無料ですので、ぜひお試しいただければと思います」

メニューを見ると、『2スプーン+20円』『3スプーン+40円』とあります。珈琲は2種類。ハチミツに合う珈琲豆を求め、試飲を重ね厳選したもの。このこだわりを聞いたら、入れないわけにはいきません。
「では、1スプーンお願いします」

kasahara_03

濃い目の珈琲にハチミツをひとさじ。砂糖と違って甘さも気にならず、味がまろやかに。ちょっと恥ずかしいですが、気分でいうと幸せがトッピングされた感じです。

蜜蜂一匹が生涯かけて集めた『ひとさじ』

「このひとさじ(=約4g)が、一匹の蜜蜂が生涯かけて集めるハチミツの量なんです」
そう話すのが、お店のオーナーであり、周防大島で養蜂を営む笠原隆史さん。

kasahara_04

笠原さんは、今から7年前の2010年に周防大島に移住。養蜂家の道を歩みはじめました。聞きたいことは山のようにあります。

Q どうして周防大島だったの?
「自然のサイクルが感じられる場所がいいなと思ったんです。養蜂は豊かな自然があって、その循環の中に入ってお裾分けしてもらう仕事です。周防大島は山と海が近く、人と自然の距離も近い。すべてが手に届く範囲にあって、それらがつながっていることも意識しやすい。養蜂家になると決意したとき、そうした環境の中でやりたいと思い、周防大島を選びました」

いきなりの壮大な世界観に頭が追いついていきません。もうちょっと詳しく!

kasahara_05

「例えば、巣箱を置く場所は山を見て半径2kmに何があるのかを見ます。蜜蜂の活動範囲が巣箱から2kmだからなんですが、山が荒れていたり、人工的に植えられた針葉樹林が多いところは不向きです。また蜜蜂に悪影響を及ぼす農薬を撒く畑の近くも。僕の養蜂は『定置養蜂』といって一度巣箱を置いたら、よっぽどのことがない限り動かしません。なので、毎年毎年、同じ場所で花が咲く環境が大切で、蜜蜂がそのサイクルの中に入ることでそうした環境を維持できたらなと思っているんです」

なるほど!

4gから始まったKASAHARA HONEY

kasahara_06

Q やっぱり、蜜蜂は可愛いものですか?
「そこまで感情移入することはないんですが(笑)、ちゃんと生涯をまっとうさせてあげたいと思っています。一つの巣箱のなかには1匹の女王蜂と約3万匹の蜜蜂が暮らしています。女王蜂の寿命は5〜7年くらいで、歳をとると産卵力が落ち採蜜量は減っていきますが、自然なことなので最後まで見届けるようにしています。蜜蜂の一生は驚かれるかもしれませんが、約30日です。その間に集める蜜は4gで、ちょうどティースプーン一杯分です。この4gを大切にしたいと思って、このお店をオープンさせました」

kasahara_07

カフェで提供されるものにはすべてハチミツを使用。どうしたらハチミツを美味しく味わってもらえるかをスタッフと試行錯誤する毎日。また、今まで委託販売していたハチミツも、このお店だけでの販売に切り替えると言います。
「ものすごく迷ったんですが、その方が自然でしっくりくるんです。一つひとつ大切に売りたいというのもありますし、島の中で完結できることでいいんじゃないかと。でもそうやって決めてしまうと、やりたいことが次々出てきてしまって。あ、これ、一口舐めてみませんか?」
と取り出したのは、世界のハチミツ。産地はネパール、キルギス、タイ……。

山に木を植える養蜂家がひらいたカフェ

kasahara_08

「これらは世界中で自然を守りながら養蜂をしている人のハチミツです。一口食べて感動してしまって、あるだけ買ってきました(笑)。この場所からこうしたハチミツも紹介できたらなと考えているんです。ハチミツを通して、島の環境だったり、世界に思いを馳せられるような場所にしたいんです」

笠原さんは5年前から、荒れた野山を間伐し、島に自生していた木を植える活動を続けています。それも「地域に何か還元したい」と思ったから。取材中、何度込み上げたことか……。
周防大島を訪れたら、ぜひお立ち寄りください。ハチミツの優しい甘さが心に身体に沁みてきます。


●KASAHARA HONEY
所在地/山口県大島郡周防大島町東三蒲473-1
TEL/0820-74-5283
営業時間/10:00〜17:00(L.O.16:30)
定休日/月・火(祝日は営業)
URL/kasahara-honey.net
FB/www.facebook.com/kasaharahoney

瀬戸内Finderフォトライター 藤本雅史

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

藤本 雅史

藤本 雅史

藤本 雅史/フォトライター 東京の広告会社と編集プロダクションを経て、3.11をきっかけにルーツである山口県に移住。 はじめは地域おこしと意気込むも、人口約100人の島のばあちゃんから聞いた「無人島になっても、それが自然なことならええ。またいつか人が住みつくときが来ようね」の一言に感銘を受け、肩の力が抜ける。 以来、雑誌や広告の企画・編集・執筆と少しの農業を生業としながら、大きなスケールの小さな声を求めて瀬戸内をあるく日々を過ごす。

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP