日本の伝統食・発酵食を作るだけじゃない!バイオを体験して学ぶ/山口情報芸術センター[YCAM](山口県山口市)

バイオを体験して学ぶYCAMへ潜入!

山口市にある山口情報芸術センター(以下:YCAM)は、山口市にあるアートセンターで、大きく波を打つようなモダンな建物の中には、展示空間の他に映画館、図書館、ワークショップスペースなどを併設しています。

館内は開放的で地域の方や観光客の方ものんびりできるスペースが充分にあります。
今回は、レストランスペースで伝統食と食の未来を考えるワークショップがあると聞いて取材に向かいました!テーマは『ぬか床のかめ・樽』。最近、味噌作りが趣味の筆者にとっては、発酵食品について詳しく聞ける大チャンス、ワクワクが止まりません。

伝統食と食の未来をテーマにした『レトロ・キッチン』のワークショップ・シリーズは2014年に山口市を拠点に発足した『YAMAKITCHEN(ヤマキッチン)』主催のもの。今までに満員御礼で終了したワークショップ『味噌のかめ・樽』、『キムチのオンギ(かめ)』に続いて今回は第三弾となります。

ワークショップの人気の秘密は菌にあり?

山口県産の新鮮なぬかを使って『ぬか床』作り。使う物は塩、水、唐辛子、昆布、捨て野菜と至ってシンプル。米ぬかを手で混ぜていきます。テーブルに同席した方とお喋りしながらの楽しい作業です。と…、普通の料理教室やワークショップのように見えますが、実は作るだけではないのです!

YCAMの井高さんに『かめ』と『タッパー』で作った時の乳酸菌の増え方の比較をスライドで見せていただき、お話を聞くことができました。実はYCAMには、『YCAMバイオ・リサーチ』というバイオテクノロジーの応用に関する研究をおこなうプロジェクトがあります。そこでは、不定期にオープンデイを開催し、台所用品を使って、微生物を可視化する方法などを体験的に学ぶことができるのです。バイオと聞くと、目に見えなくて、なんだか難しいイメージだったのですが、身近な発酵食品にもバイオが関係していて、それを可視化してくれるワークショップがYCAMにはあるのです。参加者の方もメモをしっかり取って聞いていました。
実際に『かめ』で作られたぬか漬けを試食させていただきましたが、タッパーには無いコクと美味しさがありました。本当なのですよ〜!古来の『かめ』の方が、乳酸菌が増えて美味しくなるという事を香りと味で知ることができました。

私の『ぬか床』も完成!これから菌を美味しく育てたいと思います。作るだけではない、バイオについて学ぶワークショップ、次回もどんな面白い企画があるのか気になります。

YCAMの井高さん(写真右奥)に、こっそり教えていただきました。
次回は土について学ぶワークショップがあるのだとか。土の中にも微生物、バクテリアなど目に見えないバイオの面白さが詰まっています。敷居が高いと思われる文化施設も、こうした食やワークショップから入りやすい場を作って文化施設への障壁を無くしたいと井高さん。子ども向けのイベントから県外、海外の方にまで幅広く楽しめると筆者も感じました。

また、YCAMでは2組のアーティストによる新作インスタレーション展『バニシング・メッシュ』が5月14日まで開催中です。

春休みからゴールデンウィークまでも楽しめます。アートや映画、ワークショップなどが充実しているYCAMへ是非、足を運んで見ませんか。ワークショップは人気ですぐに定員に達してしまうのでHPを早めにチェックしてみてくださいね。YCAMの最寄駅、湯田温泉駅では足湯も楽しめますよ!


山口情報芸術センター[YCAM]
所在地/山口県山口市中園町7-7
最寄駅/JR山口線 湯田温泉駅、山口駅
営業時間/10:00~20:00
休館日/毎週火曜日、年末年始
電話/083-901-2222
http://www.ycam.jp
湯田温泉駅への交通情報

瀬戸内Finderフォトライター 溝口咲子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

溝口咲子

溝口咲子

1978年生まれ、静岡県出身。 東京のWEB制作会社でマーケティングに携わったのち、2014年、子供の就学をきっかけに夫出身の広島へ移住。 二児の母。多島美、瀬戸内の果物、焚き火のあるキャンプが大好き。 瀬戸内は子育てしやすく自然体験が豊富。子供と一緒に私も楽しんでいる毎日です。

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP