愛媛の作り手の想いとこだわり果汁が詰まったミカンジュースが一堂に/愛顔の食卓(愛媛県松山市)

柑橘王国と一口に言っても、愛媛のどこが王国と呼ばれるのか、皆さんご存じですか?ここ愛媛にはミカンと呼ばれる柑橘が20種類以上もあるんです。

でも、夏だけはオフシーズン。今回、ご紹介したいのはこの季節ならではの柑橘の味わい方です。

愛媛の厳選加工品が揃う『愛顔の食卓』

目指したのは、市内電車『松山市駅』から徒歩5分の『愛顔(えがお)の食卓』。
豊穣の幸に恵まれる愛媛をフィールドに、6次産業化で生産者をバックアップする『NPO法人いよココロザシ大学』が2016年夏にオープンした、県内の加工品が揃うショップです。

入店して目に飛び込んでくるのが、このオレンジの壁。おそらく、県内ナンバーワンの品揃え!

果汁100%のストレートジュースはその年採れたミカンで作られるので、毎年ヌーボーのみ。夏をピークにどんどん減っていき、次の柑橘シーズンを迎えます。果肉→ジュースでみかん県の1年となるわけです。

豊富で美味!奥深い愛媛のミカンジュース

数あるミカンジュースの中からいくつかご紹介すると…

一つ目は、『田縁(たぶち)農園』のジュース(税込1080円~)。『きよみ』『せとか』『あいおとめ』『ひょうかん』『紅まどんな』『ニューサマーオレンジ』『ナダオレンジ』などなど、なんと全12種類。農園がある四国最西端の佐田岬を描いたロゴデザインも秀逸です!

もう一つは、愛媛の代表的な柑橘『伊予柑』でつくる『ごごにゃんのほっぺ』(税込1080円)。この日は試飲もできました!

土づくりにこだわる栽培方法で、果肉そのものの旨みがまず際立ちます。酸味が強い印象なのに、とってもマイルドな口当たり。皮を徹底的にのぞいて搾るという製法にも秘密がありそう。

『ごごにゃんのほっぺ』に使われる伊予柑は、こんなロケーションで作られているんですよ。陸から乗船10分の『興居島(ごごしま)』で、県外から移住したご夫婦が作っているんだとか。ネーミングや手作りラベルなど、瓶全身がこの島の空気感をまとっています。

こんな商品をチョイスしているあたりに、生産者を応援したい『愛顔の食卓』の心意気が表れていますよね。

ミカン加工品の中には、まるごとシロップ漬けにしたおもしろいプロダクトも。農家のおばちゃんたちが内皮まで手むきしているそう。これはもはや、おばちゃんたちからのラブレター(笑)。

どれもこれも、生産者と直接会って想いを知り、吟味してセレクトしたものばかり。だからこそ、眺めているだけでワクワクする、すっごくいい棚。

でも、気になるのはその味。そこで試してほしいのがこちら。

日替わりでおかずが変わる、コスパ最高の『えひめがゆ』(税込500円)。お粥は食べ放題で、汁物とおかず付き。棚に並ぶ商品から調理しているので、お気に入りの味を見つけて購入できますよ。

おみくじのような献立表と、砥部焼の人気女性作家さんの器など、華やかさではなくじんわりと心を温める『えひめブランド』、大集結です!

商品を選ぶうちに、きっと愛媛が大好きになるはず。そんな仕掛けがいっぱいの『愛顔の食卓』へぜひ、お立ち寄りくださいね。


愛顔の食卓
所在地/愛媛県松山市花園町5-4
最寄り駅/伊予鉄道松山市駅
営業時間/10:00~19:00
定休日/火曜
電話/089-906-5806
http://1455634.shop/

瀬戸内Finderフォトライター ハタノエリ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ハタノ エリ

ハタノ エリ

1978年宮崎県生まれ。愛媛県松山市在住。 新聞記者のちフリーライター。 日常にも、おもてなしの心があふれる愛媛。2年前、この地を離れても忘れられず、2017年春、戻ってきました!訪れたらきっと、大好きになる。そんな確信があるからこそ、誰かの「愛媛行き」を、グッと後押しする記事を書いていきたい。

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP