船で3分のリゾート地。鹿島で海・山まとめて夏のレジャーを満喫しよう!/鹿島(愛媛県松山市)

鹿島(かしま)は愛媛県松山市北条地区に浮かぶ小島です。
北条港から約400m、渡船でわずか3分。周囲1.5kmの島の中には、ビーチあり、森あり、様々な島遊びを体験できます。
小さな船旅から始まるプチリゾートへ出発!

島に着くまでの時間も楽しみがいっぱい!

鹿島への渡船乗り場には『願い文ポスト』なるものが置かれています。実は鹿島は、願いを結ぶ島ともいわれているのです。
中世に活躍した河野水軍は鹿島を拠点の一つとし、出陣時には鹿島沖の夫婦岩『玉理(ぎょくり)・寒戸(かんど)島』で武運祈願をしていたそうです。ここには武神を祀る『鹿島神社』の末社『龍神社』があります。
これが起源となった玉理・寒戸島の大しめ縄に、私たちの願い文が練り込まれ、波に洗われながら願いを結んでくれるのです。船を待つ間に、願い文をしたためましょう。

やって来た渡船には、なんと屋根に鹿のオブジェが!思わず笑みがこぼれます。
キャンプやバーベキューのための大荷物は無料で借りられるリヤカーに乗せて、意気揚々と船に乗り込むと、船内アナウンスの声は松山出身のタレント友近さん。短い航路ですがひと時も休まず楽しませてくれます。

鹿島で遊ぶ!まずはビーチで食べて泳いで

島に上陸するとたくさんのニホンジカが出迎えてくれます。島の名前の由来にもなった鹿は愛媛県指定の天然記念物です。島内2ヶ所にある鹿園で保護されているほか、山に野生の鹿もいるので散策中に出会うかも?刺激しないように気を付けて!

船着き場から左手へ行くと、キャンプ場・バーベキュー場があります。

水道や調理台、釜戸を備えた炊事棟のほか、水洗トイレ、シャワー室などもあり、すべて予約不要・無料で利用可能。
白い砂浜が広がる海水浴場にはサメ除けネットがあり、安心して泳げます。

森林浴をしながら遊歩道を展望台へ

島には複数ルートの遊歩道があり、ちょっとしたトレッキングも楽しめます。木々が強い日差しをやわらげ、緑が香り、森林浴気分をたっぷり味わえます。

島の中央あたりにある展望台まで約20分、ゆっくり休みながらでも30分ほどで到着。360度パノラマの絶景が広がっています。
玉理・寒戸島の夫婦岩の姿も小さく見えます。『伊予の二見』とも呼ばれる夫婦岩は船着き場から島の反対側。現在は落石などの恐れがあり海岸沿いの道が通行止めなので、間近で見るには鹿島周辺を約30分かけて一周する周遊船『愛の航路』がおすすめです。夕刻は特にロマンチックな光景が見られるそうですよ。

展望台には『幸せの鐘』があります。『恋人の聖地サテライト』にも認定されている鹿島の注目スポットの一つで、二人で鐘を鳴らすと恋が成就するとか。

いかがですか?夏だけではなく、春には桜や藤を愛で、秋には島内の句碑を巡る文学散歩、また年間を通じて釣りのスポットとしても人気です。ぜひ家族みんなで鹿島を訪れてみてください。


鹿島渡船
所在地/愛媛県松山市北条辻 鹿島渡船待合所・駐車場(北条港)
最寄り駅/JR伊予北条駅(北条港まで徒歩10分)
伊予北条駅へのアクセス
営業時間/7:00~21:00(20分~30分おきに出航。月により時刻や便数の増減あり、詳細はホームページ参照)
定休日/無休
電話/089-992-1375
料金(往復)/大人210円、小児(小学生以下)110円
駐車場
料金/一般(7:30~22:00)510円、夜間(17:00~翌日8:30)570円(いずれも運転手1名の渡船料を含む)

周遊船『愛の航路』
申し込み/鹿島渡船待合所受付および船長へ(7月第2土曜~8月31日の夏休み期間中は予約不要。それ以外は前日までに要予約)2名から運行
営業時間/9:07〜17:07の間1時間おきに出航(夏休み期間中の平日。それ以外は時間に変更あり、詳細はホームページ参照)
定休日/無休
電話/089-992-1375
料金(往復)/大人360円、小人180円

鹿島渡船・周遊船・駐車場 時刻・料金表
https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/kashima/tosenn.html

瀬戸内Finderフォトライター 矢野智子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

矢野 智子

矢野 智子

1970年、愛媛県今治市生まれ。松山市在住。 大学時代を京都で過ごした後愛媛に戻り、システムエンジニアとして年の半分以上は県外出張という旅人のような生活を20年近く続けました。 退職後、愛媛を紹介する本を友人と作ったことをきっかけに、自分の「夢」と愛媛の魅力を再発見。地元出版社で編集のイロハを学び、現在は自らを「ことばのデザイナー」と称しフリーで活動中。書く、作る、伝えることに力をそそいでいます。

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP