淡路島のとっておきが揃う『道の駅うずしお』/淡路島(兵庫県)【PR】

鳴門海峡、そして大きな渦潮が眼下にあるこの風景は『道の駅うずしお』から撮影したものです。もちろんズームなし。陸上から渦潮が見られる希有な観潮スポットでもある道の駅うずしおは、連日観光客で賑わっています。
その人気のヒミツを道の駅うずしおの“中の人”に伝授いただき、ディープにご紹介します。

こちらが『道の駅うずしお』。駐車場から観光客が次から次へとモーレツな勢いでこの建物に吸い込まれていきます。どんなワンダーランドが待ち構えているのか…!

やっぱり、たまねぎワンダラーーーーンド!!
先ずは道の駅うずしおショッピングのススメ。
『ショップ うずのくに』入り口すぐには淡路島名産のたまねぎが売られています。道の駅うずしおの“中の人”金山宏樹さん曰く「その季節に出来た美味しいたまねぎをここで買えます。季節によってたまねぎは出来る品種も味も全然違うんですよ。“この前きた時のたまねぎと全然違う!”と驚かれるお客様もいらっしゃいます」とのこと。
季節によってたまねぎの味が違うなんて初耳…!そして道の駅うずしおはそんなたまねぎをフィーチャーした名産品を数多く取り揃えています。

こちらが淡路島のたまねぎをたっぷり使ったドレッシング『元祖玉葱和風ドレッシング オイル1/2』(500円+税)。道の駅うずしお、ショッピングコーナー不動の人気NO.1商品です。累計販売本数800,000本以上というベストセラー商品で、もちろん淡路島特産の玉ねぎを使用。丸大豆醤油を使用のあっさり味です。サラダにはもちろん、お肉や揚げ物にも合う魔法のドレッシング。私のおすすめは白いご飯にドレッシングをかける『玉ドレまんま』!

お土産品として全国的に大ブレイク中のかりん糖。こちらは道の駅うずしおのオリジナル商品で、赤いパッケージのものは『淡路島たまねぎかりんと。』(400円+税)。たまねぎの香りが甘さを引き立てる和スイーツです。パッケージがカワイイのも女子的に◎。

また、淡路島の逸品も取り扱っています。ジャム工房といちご農園の『山田屋』のジャムは、本店が週に一度金曜日のみ営業なので、観光で訪れても買える機会が限られています。しかし道の駅うずしおで取り扱うことで、山田屋がお休みのときでもジャムを購入することができます。

そして、道の駅うずしおに来たら必ずランチを食べて下さい!『ショップ うずのくに』の奥にある『道の駅レストラン』ではこの眺望を眺めながら、地元食材をふんだんに使った淡路の幸が楽しめます。

希少な淡路牛のローストビーフを贅沢に使った『淡路牛鉄火丼』(1,500円+税)。肉の下にもスライスたまねぎがたっぷり入っていて、先ほどご紹介した玉葱ドレッシングをかけていただきます。淡路牛とたまねぎのマリアージュが幸せ過ぎる一杯です。

道の駅うずしお周辺は海の幸も豊富です。『白い海鮮丼 ~今日のネタなんですか?~』(1,800円+税)は、その名のとおり、その日水揚げされた美味しいネタを扱うため日によってメニューの違う海鮮丼。地場の良い魚種を目利きした結果、淡路島の根魚で白身の魚が揃いました。

金山さんなど中の人たちは「観光客に淡路島の本当の美味しいもの食べて欲しい」とその一心でメニューを考案したそう。
冬はふぐ、春にかけてサワラ、夏は赤ウニが最盛期など、季節によってオススメメニューが変わるのも魅力です。

こんなところにもたまねぎが。

買い物や食事をしたあとは、また道の駅周辺でナイスビューを楽しみながらお散歩するのもおすすめ。潮の流れは時間ごとに変わるので、1日滞在しても飽きないロケーションです。

鳴門海峡も、渦潮も、淡路島も、五感で体験できる道の駅。
“旅の途中の休憩所”ではなく“旅の目的地”として、訪れてみてはいかがでしょうか。


道の駅うずしお
所在地 :兵庫県南あわじ市 福良丙947-22
電話番号: 0799-52-1157
HP:http://eki.uzunokuni.com/

瀬戸内Finderフォトライター アサイアサミ/浅井克俊(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

浅井 克俊/フォトライター 地域おこしプロデューサー・瀬戸内市地域おこし協力隊。 1974年、横浜生まれ。既婚・息子ひとり。広告代理店経て、タワーレコードに入社。 ブランドマネジメント、セール・キャンペーンの企画制作、タイアップ、ライヴイベントの企画運営などに携わる。 販促企画部部長、ライブ事業部部長を経て、2012年9月に退社。縁もゆかりもない岡山県瀬戸内市に移住。 同年10月より瀬戸内市地域おこし協力隊として活動をはじめる。 2013年7月「地域の魅力を 広告する会社」ココホレジャパン設立。 古民家再生、特産品の開発、地域ブランディングなどに取り組む。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/   アサイアサミ/フォトライター エディター&ライター。 ジャンルは主にソーシャル、音楽、暮らし(家)。東京生まれの東京育ちが2012年にノリで岡山県瀬戸内市に移住しました。雑誌は「リンネル」「田舎暮らしの本」「クウネル」などで執筆。オモシロイ友だちの書籍なども制作しています。 またFM岡山の番組ディレクター、構成作家なども。 読ませる字から聞こえる字まで、モノヒトコトを日々かきかきしています。 ココホレジャパン http://kkhr.jp/

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP