淡路島の食を存分に堪能できるレストラン『キッチンユーカリが丘』/兵庫県南あわじ市【PR】

2015年春、淡路島の自然の恵みを「これでもか!」ってぐらい存分に味わえるレストラン『キッチンユーカリが丘』がイングランドの丘の隣にオープンしました。

見て下さい!この淡路島ビーフを使った牛丼、とても美味しそうでしょ?
本当にめちゃめちゃ美味しいのです。
でもただ美味しいだけじゃないんですよ。
可能な限り淡路島で採れる食材にこだわって作られています。

淡路島の食材をたっぷり使った人気のご当地メニュー(淡路島ぬーどる、淡路島バーガー、淡路島カレー 他)もここで食べられるのは魅力的ですね。
さらに淡路島の野菜をふんだんに使ったサラダバイキングも本当にオススメです。

スイーツもとても魅力的なものばかり。

淡路たまごのカステラシフォン。
シンプルな見た目とは裏腹に、濃厚な淡路たまごを使用し焼き上げたシフォンは、ふわふわでほっぺが落ちそうです。

こちらは島ノワール。
パイ生地に載せられているのは、淡路島牛乳を使用したソフトクリーム。甘い物が少し苦手な方でもコーヒーとご一緒に食べるとぺろりといけちゃうんです。

淡路島牛乳のプリンソフト、スイーツ好きにはたまらない贅沢な一品です。

島ジンジャーエール
淡路島で採れた生姜を使用したジンジャエールは、とてもすっきりしていて飲みやすい一杯ですね

店内は、白を基調に暖色系の照明でとてもシンプルなあたたかさと清潔感という印象です。
また屋外テラスからは淡路島の田園風景を一望できるのが格別です。

そしてこの『キッチンユーカリが丘』の魅力的な特徴の一つは、レストランの1階にある農畜水産物直売所『美菜恋来屋』とリンクされていること!
これ、すごく魅力的で、サラダバイキングで食べてみて味を見てから好みの野菜を買うことができるんです。
もちろん野菜だけじゃなく淡路島ぬーどるや淡路島牛乳など、『美菜恋来屋』で手に入る食材がレストランでも提供されているんです。

淡路島の食材を“食べて知って、買える”直売所と連携するレストラン『キッチンユーカリが丘』。
イングランドの丘で遊んだ後は『キッチンユーカリが丘』でごはんを食べて、美菜恋来屋で淡路島の食材を買って帰るという淡路島の食に直に触れる贅沢な一日になること間違いないです。


キッチンユーカリが丘
所在地:兵庫県南あわじ市八木養宜上1408
電話:0799-43-2626
時間:9:00~17:00(土日祝18:00まで)12月~2月10:00〜17:00
ランチタイム11:00~14:00
P:有(無料)

瀬戸内Finder フォトライター 日根野太之

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

この記事を取材したフォトライター

日根野 太之

日根野 太之

日根野 太之/フォトライター photographer ⁄ Director 1976年兵庫県生まれ。神戸在住。 フォトグラファーの傍ら国内外の観光・地域・アートプロジェクトに参加し、ヒト・モノ・コトをつなぎつながれ生きている。 現在、月の半分を四国で過ごす日々。 島と北欧、カレーが好き。性格はのんびり。 大好きな瀬戸内の魅力を存分にお届けします!

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP