鈴木ともこさん書下ろし、コミックエッセイ 「マンガ家・鈴木ともこさん一家、比婆山連峰をゆく!」 庄原市観光情報サイト「庄原観光ナビ」で公開

2017/06/13 ~ 2017/09/13

広島 その他

一般社団法人 庄原市観光協会(所在地:広島県庄原市)は、2017年6月より「マンガ家・鈴木ともこさん一家、比婆山連峰をゆく!」(鈴木ともこ・著)を観光情報WEBサイト「庄原観光ナビ」にて、公開致しましたのでお知らせいたします。

◆「マンガ家・鈴木ともこさん一家、比婆山連峰をゆく!」
http://shobara-info.com/manga/

■比婆山連峰
広島県と島根県の県境・中国山地に位置し、比婆道後帝釈国定公園に属しています。
伊邪那美命の陵墓と伝えられる巨石「御陵」や伊邪那美命と伊邪那岐命が問答したと伝わる「千引岩」など、古事記ゆかりの地があります。比婆山連峰は、神の宿る山として昔から大切にされていたので、「御陵」周辺一帯、約23haの区域にブナ林が茂り純林を作っています。このブナ林は、日本海型と太平洋型の特徴を併せ持つものとして注目され、国の天然記念物に指定されています。

マンガ家・鈴木ともこさんからのメッセージ

(1) 比婆山・山歩きの感想
※2016年9月下旬、家族4人(夫婦と息子2人)で行きました。
比婆山を歩くのは今回が初めてでした。
広島周辺の山好きの方に愛されている山というのがよくわかる、幅広い楽しみ方のできるエリアだと思いました。コースも豊富で、森もブナやヒノキで大きく雰囲気が変わり、また、神話にまつわる山ということで、随所でイメージをふくらませながら歩けるのが楽しかったです。
ヒバゴンの伝説が残っていることも、7歳と4歳の息子たちにとっては冒険そのもので、終始楽しく歩き通すことができました。

(2) 印象に残ったこと
●ブナの原生林(天然記念物・比婆山のブナ純林)
森の濃さと、木々の合間から見える空、そしてふかふかの落ち葉の絨毯が印象的でした。

●比婆山御陵
伝説が本当ではないかと感じられるほど、一種独特の、静かで厳かな佇まいに圧倒されました。

●池ノ段からの眺望
延々と続く山並みが爽快でした。そこから立烏帽子山を正面に見据えながらの下りは、「気持ちいいなあ~山っていいなあ~」としみじみ感じた、忘れがたい光景となっています。

●今回のコミックエッセイでポイントとした部分は?
比婆山を知らない方、比婆山に親しんでいる方、どちらにも、興味を持っていただける作品にしたいと心がけました。

実際に歩いた雰囲気を、マンガ上で疑似体験していただけるように、コース中の印象的な箇所、神話、歴史、植生などをできる限りわかりやすく織りこんだつもりです。

読んでくださった方が「行ってみたい!」や「また行きたい!」と思っていただけたら本望です。

■鈴木ともこ(すずき・ともこ)さん・プロフィール
漫画家・エッセイスト
コミックエッセイ『山登りはじめました』シリーズ(KADOKAWA)が14万部突破。山ガールブームの火付け役とも言われている。山好きが高じて、2011年、東京から長野県松本市に移住。
山登りの魅力を、本、雑誌、テレビ、各地でのトークイベントなどを通じて伝えている。
雑誌『ランドネ』(エイ出版社)、モンベル会報誌『OUTWARD』にてイラストエッセイ連載中。
新作は、新潮社より山をテーマにしたコミックエッセイ(上下巻)を上梓予定。

今回のコミックエッセイで紹介する山歩きルート

〇ひろしま県民の森公園センター

〇出雲峠

〇烏帽子山

〇比婆山御陵

〇池ノ段

〇立烏帽子駐車場

〇千引岩

〇立烏帽子駐車場

〇展望園地

〇ひろしま県民の森公園センター


お問い合わせ先
一般社団法人 庄原市観光協会
〒727-0004 広島県庄原市新庄町291番地1
担当:福光勇蔵
TEL :0824-75-0173
FAX :0824-75-0172

> 詳しい情報はこちら

PAGE TOP