寺子屋にある『蕎麦てらこや』の美味しさの秘密は出汁にあり!?/蕎麦てらこや(広島県広島市安佐南区古市)

築100年以上の風情ある日本家屋

IMG_0165

広島アストラムライン『古市(ふるいち)駅』から徒歩5分。こんなに素敵な日本家屋が残っているんです。その名も『寺子屋しゃんてぃ』。
今回は、この寺子屋内に2016年5月オープンした『蕎麦てらこや』をご紹介!早速、入ってみましょう!

IMG_0136

IMG_0148

寺子屋らしい大きな玄関をくぐると、丁寧に手入れされたお庭が見えてきます。この時点でとても涼しさを感じます。

メニューに…ヴィーガン出汁!?

IMG_0153

庭園を眺めながら席につき、メニューを見ると…見慣れない『ヴィーガン出汁』という言葉を見つけました。お蕎麦の出汁といえば普通は鰹節や煮干しを使うと思うのですがヴィーガン出汁とは?華麗に蕎麦打ちをしている竹内智美さんに教えていただきました。

IMG_0144

「蕎麦のお出汁は、干し椎茸と切り干し大根、昆布で取ったもので、動物性の物は一切使用してないんですよ」と竹内さん。ヴィーガン志向の方や外国人の方にもこのお出汁は人気だそうです。どんなお味か気になります!

早速、いただきま~す!

IMG_0154

IMG_0155

ヴィーガン出汁と普通の出汁の二つをオーダーしました。左がヴィーガン出汁、右が通常の出汁です。見た目では違いがわかりませんね。広島県産のサラダをトッピングしてもらって彩りも綺麗!ヴィーガン出汁は自然のお出汁がしっかり効いているので、物足りなさは全く無く、新しい味!優しい甘みを感じるのは、切り干し大根や赤酒を使用しているからなんだとか。肉や魚類を使わずに、これほど満足できるとは…!もちろん普通のお出汁も美味しいですよ。

IMG_0158

トッピングの粗塩、わさび塩、おあげも良いアクセントになっています。お蕎麦と炊き込みご飯セットもあるので、しっかり食べたい時や男性にもおすすめです。蕎麦湯もいただき、大満足の蕎麦ランチとなりました。

甘味も人気なんです!

IMG_0164

お蕎麦だけじゃないんです。甘味も大人気!自家製の瀬戸内•愛媛のみかんゼリーとチャイもこれまた絶品なので昼下がりには甘味だけでも食べに行きたくなります。8月頃には瀬戸内のシロップをかけた、かき氷もスタート予定なのだとか。楽しみです~!

身体にも優しくて美味しい『蕎麦てらこや』。靴を脱いで上がって誰かのお家に招かれたような時間を感じます。
寺子屋の趣にも触れながら、ゆったりとした時間をあなたも是非体験してみてくださいね。


蕎麦てらこや
所在地/広島県広島市安佐南区古市2丁目6-1
電話/082-877-0239
営業時間/12:00~17:00(ラストオーダー16:30)
休/年末年始、日曜祝日
料金/蕎麦800円~、トッピング(50円~)炊き込みご飯•お漬け物セットはプラス300円(価格は全て税抜き)
席/4人掛テーブルが5つ(お座敷)
駐車場/古民家裏手の駐車場は入り口が狭いため、軽自動車以外の駐車は不可(乗用車で来店の際はお店へ問い合わせを)
HP/http://www.terakoya-shanti.com/sobaterakoya.html

瀬戸内Finderフォトライター 溝口咲子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

溝口咲子

溝口咲子

1978年生まれ、静岡県出身。 東京のWEB制作会社でマーケティングに携わったのち、2014年、子供の就学をきっかけに夫出身の広島へ移住。 二児の母。多島美、瀬戸内の果物、焚き火のあるキャンプが大好き。 瀬戸内は子育てしやすく自然体験が豊富。子供と一緒に私も楽しんでいる毎日です。

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP