金魚ちょうちんの町、柳井の夏の風物詩/柳井金魚ちょうちん祭り(山口県柳井市)

山口県東部の瀬戸内海に面する柳井市。この町では古くから『金魚ちょうちん』が郷土民芸品として愛されています。

kingyo

鮮やかな紅白に、どこかおどけたような表情がかわいらしい金魚ちょうちん!

幕末の頃、柳井の商人が青森のねぶたをヒントに、伝統織物『柳井縞』の染料で染めて作ったのが始まりとされています。

今ではすっかり柳井のシンボル。夏には『柳井金魚ちょうちん祭り』が毎年開催されています。いつも静かな柳井の町ですが、本祭り当日である8月13日は約8万人の人で賑わうそう!
本祭に向けて、8月上旬から「金魚ちょうちん点灯式」などのプレイベントが行われます。

▶︎2022年度の概要はコチラ

柳井市HPより
2022度は金魚ちょうちんの明かりのもとで会場の雰囲気をゆっくりとお楽しみいただく「静かな祭り」となります。

 開催を見送る主なイベントは
 「金魚ねぶたの練り歩き及び爆走」
 「金魚ちょうちん踊り」
 「ふるさと花火打ち上げ」

 開催する主なイベントは
 「金魚ちょうちんの装飾及び点灯」
 「金魚ねぶたの展示」
 「白壁江戸祭り」

数千匹の金魚の灯り

yoichi01

2022年度は8月6日(土)には『白壁の町並み』にて19:00から金魚ちょうちんの点灯式があります。約2,500個の金魚ちょうちんに灯りがともり、町は幻想的な雰囲気に包まれます。

yoichi02

2022年度は「静かな祭り」として開催が見送られましたが、毎年のお楽しみは『やない白壁夜市』でした。
白壁の町並みのあちこちに出店や体験コーナーが並びます。地元の特産品やグルメを味わったり、ワークショップで自分だけの小物を手作りするのもいいですね♪ そして翌週には、金魚ちょうちんの町ならではのイベントが行われていたんです…!

本気の金魚すくいバトル!

kingyosukui

それがコチラ。柳井市商工会館で開催される、全国金魚すくい選手権大会の柳井地区予選です!
こちらでは選手以外の方でも、有料で金魚すくいを楽しむことができます。

そして、いよいよ8月13日は本祭り!

圧巻!巨大金魚ねぶた

matsuri03

柳井の町を巨大な金魚ねぶたが練り歩きます!
本祭りは8月13日(土)の15:30~20:00。白壁の町並みから麗都路(レトロ)通り一帯が、熱気に包まれます。

matsuri01

ラッセーラ、ラッセーラ! 鮮やかな金魚ねぶたが、掛け声に合わせ練り歩く様子は迫力満点!
柳扇会による『金魚ちょうちん踊り』も必見です。そして祭りのフィナーレといえば、やっぱりコレ!

hanabi

夜空を彩る『ふるさと花火』! ※2022年度は見送り
やないにちなんだ871発の打ち上げ花火で、柳井金魚ちょうちん祭りは幕を閉じます。この夏は是非、金魚ちょうちんでにぎわう夜の柳井においでませ♪


【おいでませ!山口】
柳井金魚ちょうちん祭り
山口県柳井市の夏の風物詩。町を練り歩く巨大な金魚ねぶたは圧巻!
開催地/山口県柳井市 JR柳井駅、麗都路(レトロ)通り、白壁の町並み一帯
開催日時/本祭りは8月13日(土)15:30~20:00【点灯式などプレイベントあり。詳細はホームページへ】
電話/0820-22-2111(柳井金魚ちょうちん祭り協議会(柳井市役所 商工観光課内))
ホームページ/柳井金魚ちょうちん祭り|山口県柳井市

ふるさと花火
祭りのフィナーレを飾る871発の打ち上げ花火。
打ち上げ場所/山口県柳井市南浜周辺(観覧場所はJR柳井駅、麗都路(レトロ)通り、白壁の町並み一帯)
開催日時/毎年8月13日 ※2022年度は見送り
打ち上げ玉数/871発
駐車場/南浜グラウンドなど、1,000台(無料)
有料席/なし

瀬戸内Finderフォトライター 武井奈々

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

武井 奈々

武井 奈々

武井奈々/フォトライター
大阪生まれ大阪育ち。
大阪、東京、バンクーバーを経て、祖母の家がある山口県へたどり着きました。
どこへ行っても「大阪っぽくない」と言われます。
今は山口の東側、瀬戸内海の小さな町におばあちゃんと二人暮らし。
写真を撮ったり記事を書いたり、種をまいたり海に浮かんだりする毎日。
周防大島に小さな宿を開くつもりで準備中です。
瀬戸内海ってほんとう気持ちのよいところです。

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP