中世随一の商都のにぎわいが現代に蘇る/福岡の市(岡山県 備前福岡)

岡山県南部、岡山三大河川のひとつ吉井川沿いにある集落『福岡』は歴史豊かなまちです。
古くは、国宝『一遍上人絵伝(いっぺんしょうにんえでん)』に、商都としてのにぎわいの様子が描かれ、宇喜多家、黒田家という名だたる武将たちとの縁を持つことでも知られるかつての山陽の要所です。
九州の福岡は、その地を治めることになった黒田長政が、黒田家の礎の地であった備前福岡から取り、名付けたと言われています。

その中世随一の商都と呼ばれたにぎわいを再びと、『地方創生』という言葉もないころから、地元の有志たちで行われているのが『福岡の市』。
毎月第4日曜日に開かれる地産地消の青空市です。



福岡の市には毎回、地元の旬の野菜やフルーツ、それらを使った手作りの品々が並びます。

こちらは、無添加・手作りにこだわった地元の『名刀味噌』の赤味噌。

牛窓のかまぼこ屋・中光商店では、揚げたてのかまぼこが食べられます。

こちらはなんと本物の『刀匠(とうしょう)』による包丁研ぎ。
備前福岡とお隣の備前長船は、刀剣の産地としても有名で、実に国宝の刀剣の半分がこのまちから生まれています。黒田家の家宝で、国宝『一文字』も備前福岡でつくられました。
このまちでは、今でも多くの刀匠が刀をつくっているのです。

一遍上人の辻説法を模し、毎回、地元・妙興寺の住職が辻説法(つじぜっぽう)を行います。
さすが、中世随一の商都。演出もひと味違います。

福岡の市がはじまったのは、2006年2月。
地方創生と言われ、多くの地域がまちおこしを企画していますが、継続していくのはとても大変なこと。けれど福岡の市は、出店者たちも楽しみながら気付けば開催回数も100回超。今では、岡山の名物市として、地元の方から観光客まで多くの方が訪れ、かつてのにぎわいをまちに呼び戻しています。


備前福岡の市
場所/備前福岡の市史跡  岡山県瀬戸内市長船町福岡1588-1
開催/毎週第4日曜日8:00-11:00
FACEBOOK/https://www.facebook.com/備前福岡の市

瀬戸内Finderフォトライター 浅井克俊/アサイアサミ(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは、岡山を拠点に全国で「地域の魅力を広告する」インディペンデントでオルタナティブな広告会社です。 雑誌「TURNS」の企画制作、岡山を代表する魚「ままかり」の可能性を探すプロジェクト=「ままかRe:Project」の主催のほか、CMやグラフィック制作など、広告屋さんぽいこともたまにしています。 大都市のモノマネ・劣化版ではない、その地域・企業だけの魅力を掘り起こし、デザイン・編集して、「これ、いいでしょ!」と伝えていく。 それが私たちの仕事です。 ココホレジャパン http://kkhr.jp

「その他」の記事はまだまだあります

その他一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP