尾道に来たら食べてほしい! レモン香る絶品押し寿司『檸檬葉寿し』/尾道船弁(広島県尾道市)

世界遺産の宮島や原爆ドームと並び、広島の代表的な観光地である尾道。もちろん街中にもおいしい店はありますが、今回向かったのはJR尾道駅の駅ビルです。
『尾道福屋』地下1階の食料品売り場へ向かうと……

大きな『惣菜』の文字を発見。わざわざ尾道まで来て、どうしてお惣菜屋さんへ!? それは、この店にどうしてもご紹介したい逸品があるからです!

港町らしい名前のここ『尾道船弁』には、種類豊富な弁当や惣菜がずらり! 広島県産のカキを使ったカキフライを始め、地元食材を取り入れたものが並んでいます。
さて、今回私が「どうしても紹介したい」と言ったのがこちら!

『檸檬葉寿し』です!! ネーミングだけでピンときた方はさすがです。そう、広島はレモンの生産量日本一。特に、尾道から南へ延びるしまなみ海道沿いの『瀬戸田地区』は、県内トップのシェアを誇ります。
気になる中身を見る前に、お店の方の話を聞いてみましょう。

「この『檸檬葉寿し』には、瀬戸田のレモンがふんだんに使われています。皮ごとすり下ろしてシャリに混ぜたり、葉っぱで寿司を包んだり。ネタはできる限り地元のものを使っているので、瀬戸内の旬の味が楽しめますよ」(オーナー・吉田スガミさん)

着物姿が素敵な吉田さんのお話をうかがったところで、いよいよフタをオープン!

ふわっ。開けた瞬間、レモンのさわやかな香りが広がります。そして、とりどりの魚介とレモンの葉が織りなす彩りがなんともあざやか。

ぷりぷりのエビをいただきます! ほどよい甘さのシャリや、中の佃煮などすべてのバランスがパーフェクト。そして、食べ終わっても残るレモンの香りが、いつまでも幸せな気持ちにさせてくれます。6貫が一瞬でなくなってしまいました。

吉田さんのおじいさんに当たる先々代は、その昔、瀬戸内海を行く船に食料を卸していたのだとか。当時の海の男たちも食べたかもしれない『船弁』のお店、あなたもぜひ一度訪れてみてくださいね!

※『檸檬葉寿し』は土日祝限定販売です。


尾道船弁
所在地/広島県尾道市東御所町1-10 尾道福屋BF1
営業時間/10:00〜19:30
定休日/なし(元旦のぞく)
電話/0848-36-5158(福屋店)
https://www.facebook.com/onofuna/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP