瀬戸内を眺めながら露天風呂に入ろう!周防大島のおすすめ日帰り温泉3選/大観荘・竜崎温泉・湯遊ランド(山口県周防大島町)【PR】

今回ご紹介するのは、「瀬戸内を眺めながらゆったりしたい!」という方におすすめの露天風呂付き日帰り温泉施設in周防大島です。今回も、周防大島在住のフォトライター・藤本の独断と偏見でランキングさせていただきました。さっそく、第3位の発表です。

第3位『遊湯ランド』

私も常日頃お世話になっている『遊湯ランド』を第3位に選ばせていただきました。外観はこんな感じでございます。普段使いしている温泉なので、あまり教えたくないのですが、正直、穴場です。

とくに何か目新しいものがあるわけではありません。だからこそなのかもしれませんが、ものすごくリラックスできます。露天風呂もありまして、これが程よくぬるめでずっと入っていられます。景色は、といいますと……

サイコーなんです(笑)
常連のみなさま、ごめんなさい。本当は教えたくなかったんですが、どうしたってランクインしてしまいます。
気を取り直して、第2位の発表です。

第2位『竜崎温泉』

第2位は設備充実、至れり尽くせり!誰もが納得の竜崎温泉です。
本格レストランも整体マッサージもおみやげ処も、何だったらプールだってあります。そのすべてをご紹介するわけにはいきませんので、無料休憩所だけ。

「無料休憩所を見れば、その温泉施設のすべてが分かる」
お風呂でたまたま出会った、全国の日帰り温泉を巡っているおじちゃんはそう言っていました。その言葉を信じて。

眺望は内湯からもこの通り!露天風呂からの眺めはもう最高です!
眼下に広がるのは、『大島富士』こと嵩山(だけさん)に抱かれた島の漁村風景。ポンポンポンポン……漁に出航する船のエンジン音を聞きながらの入浴はせわしない日常を忘れさせます。
さて、このほぼ非の打ち所のない竜崎温泉を抑えて、第1位に輝いたのは……

第1位『大観荘・えん歌風呂』

周防大島に架かる橋のたもとに立つ『大観荘』の『えん歌風呂』です。ホテルのため、日帰り湯は日中だけの営業になりますが、こちらのお風呂が本当に素晴らしいんです。念のためもう一度、『えん歌風呂』と言います。

入り口からして、期待できそうな気がしてきませんか?

暖簾をくぐると、目の前にこんな石板がかかっています。昭和歌謡界の大御所!周防大島出身の作詞家・星野哲郎さんが贈った詩です。これがまた風情のある名文なので、全文引用させていただきます。

さあここはあなたが主役です
窓いっぱいにひろがる瀬戸の海を舞台に
鴎のように歌って下さい
熱い思いを演歌、
甘く切なく艶歌、
ふた親偲んで縁歌、
友をはげます援歌、
歌いましょう
炎歌、遠歌、円歌、塩歌、宴歌、……
名づけてここはえん歌風呂
世界で初めて名乗ります

じゃーん♪
もはや言葉は必要ないでしょう!ゆるりとお楽しみください。

やっぱり一言だけ。かつてここにはカラオケがあり、瀬戸内を行き交う船を眺めながら海に向かって裸一丁、演歌をうたえたそうですよ!なんて粋な!!


●大観荘・えん歌風呂
所在地/山口県大島郡周防大島町小松1656-3
営業時間/11:00~15:00(日帰り入浴・宿泊のお客様以外)
定休日/年中無休
料金/大人1,000円 ※現在(2017年3月時点)、創業50周年記念として半額の500円でご入浴いただけます!
http://daikanso.net

●竜崎温泉
所在地/山口県大島郡周防大島町東安下庄685-2
営業時間/10:00~21:00
定休日/毎週月曜日(月曜日が祝日の際は翌日)
料金/大人720円・小人410円
http://ryuzakionsen.info

●遊湯ランド
所在地/山口県大島郡周防大島町片添ケ浜
営業時間/10:00~21:00(最終受付20:30、4月~9月) 
10:00~20:00(最終受付19:30、10月~3月)
定休日/毎週水曜日(祝日等の場合は翌日)
料金/大人510円・小人300円
http://www.town.suo-oshima.lg.jp/syoukoukankou/yuyuland.html

瀬戸内Finderフォトライター 藤本雅史

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

藤本 雅史

藤本 雅史

藤本 雅史/フォトライター 東京の広告会社と編集プロダクションを経て、3.11をきっかけにルーツである山口県に移住。 はじめは地域おこしと意気込むも、人口約100人の島のばあちゃんから聞いた「無人島になっても、それが自然なことならええ。またいつか人が住みつくときが来ようね」の一言に感銘を受け、肩の力が抜ける。 以来、雑誌や広告の企画・編集・執筆と少しの農業を生業としながら、大きなスケールの小さな声を求めて瀬戸内をあるく日々を過ごす。

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP