ミツクラ農林の手摘みマッシュルーム/ミツクラ農林(岡山県瀬戸内市牛窓町)

レモン、桃、ピオーネ、みかんなどのくだもの、サワラや牡蠣などの海産物、瀬戸内の名産はたくさんありますが、今回ご紹介するのは、瀬戸内で手摘みされたマッシュルーム。なんと市場シェア1位なんです。そしてジャンボマッシュルームの大きさもすごいんです!

マッシュルームづくり堆肥づくりから

ミツクラ農林は、岡山県瀬戸内市牛窓町で約40年マッシュルームを生産する国産マッシュルームのリーディングカンパニー。
そのマッシュルームづくりは、良質な堆肥作りからはじまります。

ミツクラ農林の堆肥の元になるのは、馬小屋でつかわれた藁。
競馬好きならおなじみの栗東厩舎などから運ばれてくる藁を、温度管理し発酵させることで、良質な培地へと変えていくのです。
ちなみにこの培地、マッシュルーム以外の作物にとっても良質な栄養源になるため、マッシュルーム収穫後は、地域の農家さんへ提供されているのです。素晴らしき地域循環!

ふかふかな培地は、マッシュルームの栽培に最適。土のいい匂いがします。
この状態になるまでに2週間弱。この培地にマッシュルームの菌を植え付け、繁殖させていきます。

地域の女性の皆さんが手摘みで収穫

堆肥作りから約2ヶ月。収穫場にマッシュルームがびっしり!いよいよ収穫です。

ミツクラ農林のマッシュルームはすべて手摘み。摘んでいるのは、地元の女性の皆さんです。
一定の条件を守れば、好きな時間に好きなだけ働けるという独自の勤務形態により、家事や子育てで忙しいお母さんたちでも働きやすい環境が整えられています。

全国で『働き方改革』が取り組まれる中、ミツクラ農林は働き方でも注目されています。

お母さんたちは、皆さん和気あいあい。しかし、摘むスピードは速い!さすが熟練の技です。
す…、すみません、写真を撮りたいので、手を止めてもらってもいいですか…。

こうして従業員の皆さんが詰む新鮮なマッシュルームは、毎日6t。東京、名古屋、大阪などの市場に出荷されていきます。皆さんの近所のスーパーにも届いているかもしれませんね。

驚きの大きさ!ジャンボマッシュルーム

生産規模や働き方など驚きがいっぱいのミツクラ農林ですが、いま一押しなのがジャンボマッシュルーム。メガとかギガとかテラとか呼びたくなるくらいに大きい。大きすぎる。
これ、特別な品種ではなく、小さいマッシュルームと同じもの。栽培するとどんどん大きくなるんです!

普通のマッシュルームと比べるとこんなに大きい!
今日のメインディッシュは、ジャンボマッシュルームに決まりです。

こちらは、ジャボマッシュルームのオーブン焼き。
塩とコショウで下味を付けて、オリーブオイルを塗ってオーブンでじっくり焼き上げるだけ。
肉厚で、マッシュルームの旨みをたっぷり堪能できます。

フライやマリネなど、ミツクラ農林のHPには、マッシュルームを知り尽くした生産者ならではのオリジナルレシピがたくさん掲載されています。
驚きいっぱいの瀬戸内の名産品・ミツクラ農林のマッシュルームをぜひお試しあれ。


ミツクラ農林
所在地/岡山県瀬戸内市牛窓町鹿忍平山3481
電話/0869-34-2212
HP: http://www.mitukura-nourin.com/

瀬戸内Finderフォトライター 浅井克俊/アサイアサミ(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは、岡山を拠点に全国で「地域の魅力を広告する」インディペンデントでオルタナティブな広告会社です。 雑誌「TURNS」の企画制作、岡山を代表する魚「ままかり」の可能性を探すプロジェクト=「ままかRe:Project」の主催のほか、CMやグラフィック制作など、広告屋さんぽいこともたまにしています。 大都市のモノマネ・劣化版ではない、その地域・企業だけの魅力を掘り起こし、デザイン・編集して、「これ、いいでしょ!」と伝えていく。 それが私たちの仕事です。 ココホレジャパン http://kkhr.jp

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP