海と空と村上海賊の足跡を訪ねる絶景サイクリング!『因島水軍スカイライン』の旅/因島水軍スカイライン(広島県尾道市)

CNNの世界七大サイクリングルートにも選ばれた、しまなみ海道サイクリングルート。
『因島水軍スカイライン』は、そのしまなみ海道サイクリングルートで通常右に進むところを逆の左に進むとたどり着く、自然に包まれた村上海賊ゆかりの地を巡る道です。
いつもは右に行く道を左に進んでみる。そんな単純なことが旅の楽しみを導き出すこともあるのです。

海沿いの道に峠と集落が連続!

まず尾道から向島を通り抜け、因島へ。因島大橋を下ってサイクリングルートとは逆の左に曲がります。
ここから因島水軍スカイラインまではフラットな道を約3㎞。
干潮時のみ浜辺とつながる道が現れる双子の島・八重子島(やえごじま)を左に見て海沿いを走ります。

昔は塩田だったという平坦な地域を通り抜け、ここから『因島水軍スカイライン』に入ります。
道は、因島東岸の山の中腹をゆるやかに上っていきます。まずは足慣らし。

標高50m、最初の峠を抜けて辿りつくのは、鏡浦(かがみうら)という集落。
ここには、穏やかな漁港と厳島神社があります。
道沿いに『鏡浦』と手書きしたバス停。のんびりといい味を出しています。

『因島水軍スカイライン』は一気に空へ!

次の椋浦(むくのうら)の集落へ向け、細い道を上っていると、愛媛県の離島・百貫島が遠くにぽつんと見えます。
この島には明治時代に灯台が建設され、志賀直哉の『暗夜行路』には『その灯台の光は、向島を越え、遠く尾道の町まで届いた』と記してあります。
ほら、水平線も見えますよ。

坂道をゆるゆると下っていくと椋浦。ここは、中世因島村上水軍に起源する『法楽おどり』で有名です。
鉦や太鼓を叩き、剣をかざし掛け声に合わせ飛び踊る夏の踊りです。

椋浦から再び坂を上っていきます。ここらでちょうど中間地点、海沿いにある木陰の休憩所でひと休み。
海に向かってクラリネットを吹いている人もいます。

この後も上り坂をじわじわと上り続けて、標高は100mを越えます。
一段と高く見渡せる眩しい海と空、潮風は心地よく頬をなでます。

そして峠まで上ると、約1.4kmのダウンヒル!あっという間に三庄(みつのしょう)集落へ着きます。
三庄には、NHKの朝のドラマに登場したカラフルな造船所があります。
ここは尾道と向島を結ぶ渡船もつくっています。
スーパーもあるので、少し栄養補給もいいでしょう。

悲恋の海、夢の海

カラフルな造船所のすぐ脇を通って、一車線の細い細い道を上った先にあるのが地蔵鼻。
海岸の石仏には若い男女の悲恋のストーリーが残っています。
満潮時には石仏は海の中、見ることはできません。

そして地蔵鼻の上の高台に、村上海賊の城跡・美可崎城跡があります。
ここからの眺めと海風の心地よさは、しまなみ海道の島々でも屈指のもの、ついつい長居してしまいます。
ほどよい疲れの中、ぼんやり海を眺めていると、どんな気持ちで村上海賊はこの海を見ていたのかな?
目の前に広がる海と空についそんな思いをはせてしまう『因島水軍スカイライン』です。

瀬戸内Finderフォトライター Akira Munechika

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

宗近 朗

宗近 朗

ものづくりと旅を愛するのんきなライター。 日々、せとうちの「余白」と空気感を世界へ伝えたいと妄想中。尾道在住。

Hashtags

旬のキーワード

「サイクリング」のランキング

「サイクリング」の記事はまだまだあります

サイクリング一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP