フルーツ王国岡山で味覚狩りできるイチオシ農園!/桃茂実苑(岡山県赤磐市)

雨が降る日が比較的少ないため、『晴れの国』と呼ばれる岡山県。フルーツの産地に適しているので、たくさんの果物が栽培されているんです。中でも、評価が高いのが、ブドウと白桃。そこで今回は、両方のフルーツ狩りが楽しめるイチオシ観光農園『桃茂実苑(ともみえん)』へお邪魔してきました。

4種のブドウで楽しむフルーツ狩り

岡山市中心部からドライブを楽しむこと約40分、岡山県赤磐市に入ります。丘陵が多く自然豊かで、ほのぼのとした風景が広がっています。
見えてきました!『観光農園』の看板が目印です!

桃茂実苑では、4種のブドウが栽培されています。
岡山発祥の『マスカット・オブ・アレキサンドリア』、大粒、種無しで皮ごと食べられる『瀬戸ジャイアンツ』、『シャインマスカット』。この3種は緑色系のブドウ。あとは、大粒の紫色系の種なし『ピオーネ』です。

創業当時より20年以上ブドウのお世話をしている藤原さんが、ハウス内を案内してくれました。
「栄養がいきわたるように、毎日粒を切って形を整える作業が大変ですが、お客さんにおいしいと言ってもらうととてもうれしい」と藤原さん。

皮ごとおいしい『瀬戸ジャイアンツ』

『ぶどうプラン』は、『ぶどう狩り+試食』や『試食のみ』など、いくつかのコースがあります。今回は『瀬戸ジャイアンツ狩り1房+試食20粒』(当日価格2700円、前日17時までの事前予約は2500円)のコースをチョイス!

『瀬戸ジャイアンツ』も、岡山発祥で上品な甘さが人気です。選び方のコツは、ブドウをいろいろ触って(優しくお願いします!)重量感を確かめながら、重そうなものを選ぶこと。その方が旨みも甘みも詰まっているそう。

ブドウ狩りを楽しんだあとは、試食コーナーへ。2〜3時間程冷やして食べるのがベストなため、先ほど収穫したブドウはおみやげ分、試食用は冷やした食べごろのブドウが準備されています。

早速、一粒いただくと、まずはそのジューシーさに驚き!さらに、さっぱりとした甘さが口いっぱい広がります。皮も薄いので丸ごと食べられます。

園内には、外国人向けに英語で説明された看板も! 英語で対応できるスタッフも常に1人〜2人はいるそう。

お土産や贈り物は直売所で!

農園から車で5分のところに直売所があります。
贈り物用のブドウや桃ゼリー、フルーツの果汁が入った発泡酒などがお土産用に販売されていました。

実は『桃茂実園』さん、名前のとおり、桃でもとても有名なんです。7〜8月にかけて23種の桃を栽培。その間、直売所には数種類の白桃が並びます。フルーツ狩りや旬の桃の試食プランもありますよ。

豊かな自然に包まれて、自らの手で収穫し、新鮮なフルーツをいただくことができるのはとても魅力的。次は桃狩りに行こう!と誓いました。


桃茂実園(ともみえん)
住所/岡山県赤磐市上市218-1
最寄り駅/JR瀬戸駅
瀬戸駅へのアクセス

電話/086-955-1928
http://www.hakutou.jp
体験プラン・予約フォームはこちら

瀬戸内Finderフォトライター 松本紀子

近隣で桃狩りができる農園

藤原園芸
農園ではぶどう狩り・梨狩り・桃狩りも行っています。
生産量が日本一の「ニューピオーネ」をはじめ、甘い蜜のような濃密な香りと深いコクのある甘さが絶品の「黄金桃」、大きな実が特徴で味や風味のよい「新高梨」など、岡山ならではの”旬の果物狩り”を体験できます。

住所/岡山県赤磐市沼田1235-6
最寄り駅/JR瀬戸駅
電話/086-955-6836
http://www.fujiwara-engei.com/

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松本 紀子

松本 紀子

岡山県瀬戸内市在住・フォトグラファー ウェディングフォトグラファーを経て、現在フリーランスで活動中。主にファミリーフォトを中心に人物写真を撮っています。また、カルチャー教室で「女子カメラ講座」の講師を担当。 まだまだ知られていない、ほのぼのとした瀬戸内の魅力を紹介していきたいです。 HPアドレスhttp://norikomatsumoto.com

Hashtags

旬のキーワード

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP