愛媛のすべてを詰め込んだ、宝箱のような観光列車/伊予灘ものがたり(愛媛県)

全国ナンバーワンの呼び声も高い、愛媛の名物観光列車『伊予灘ものがたり』。デビューから丸3年。今ではなかなか切符が取れない大人気の列車に、ついに、瀬戸内Finderのライターが乗ってきました!

アテンダントがチーム力で作り上げる列車

伊予灘ものがたりは、出発時刻と目的地で、『大洲編』・『双海編』・『八幡浜編』・『道後編』の全4編に分けられます。今回は、日没時間が早まる仲秋、夕景が堪能できる『道後編』をチョイスしました。

愛媛の南部に位置する『JR八幡浜駅』から出発し、中心地の『JR松山駅』まで、ゆったりした速度で海沿いを走る2時間の旅です。

車両は、色のトーンの違いから、1号車『茜の章』、2号車『黄金の章』と呼ばれる2両編成。1両で25シートとゆったりの設計です。今回は1号車に。

右が海側。左側の席を見てください。海が見えやすいように一段高くなっているのが分かりますか?この車両、じつは列車、路線を知り尽くした心配りが盛りだくさん。それもそのはず。すべてのデザイン、設計をJR四国の社員さんが担当しているんですって!

車内で販売されるものも、愛媛の伝統工芸などを生かしたハイセンスなものばかり!この商品は、伊予灘ものがたりをイメージしてつくられたアロマオイル。商品プロデュース、BGM、接客、見所の手描きマップなど、現場のアテンダントさんを中心に、日々考えているとか。まさに、『チーム伊予灘ものがたり』。

道後編では優雅にアフタヌーンティーを

観光列車のたのしみと言えば、食べもの。4編とも地元の食材にこだわった逸品です。道後編はアフタヌーンティーで、限定20食(予約制、税込3000円)。

砥部焼のワンプレートにおさまるスイーツは、柑橘やベリーなど、県産の旬を使い、丁寧に作られていて甘さ控えめ。
カトラリーに添えられた、愛媛の伝統工芸水引のあしらいなど、ディテールまで地元愛が詰まっています。

おもてなしは、車内だけではなく、車外にも。
沿道の住民の皆さんが、駅構内にいる人たちが、手を振る、とにかく手を振る。あっちからも、こっちからも、お城からも家のベランダからも(笑)。

列車は1時間とちょっとで、あの駅に到着します。心高鳴る、日本で最も有名といっていい、『JR下灘駅』へ。

下灘駅と絶景と、感動がたたみかける!

伊予灘ものがたりは全編、この駅に8~10分ほど停車。列車から降りることができます。夕陽を浴びる車両の顔もクールでステキ!

ここで出会ったのが、このお二人。下灘駅界隈でとっても有名な、同名同士のさなえさんです。運行日は、ほぼ1日4回お出迎えしているそう。なぜ?と聞くと、「とにかくここが好きだから、やりたくなるの」と満面の笑顔のダブルさなえさん。

お仕着せではなく、この地を愛し、この列車のために自然にやっていること。だからこそ、迎えられる側はその愛にすんなり浸かれるのかもしれません。

後ろ髪を引かれながら、列車に戻り、終着駅へ。
車窓から、見渡す限りの水辺線に美しい陽が飲み込まれていく絶景が。感動のダメ押しが過ぎる(笑)。

もう一度、列車に人に会いたくなる。

夜の帳が下りるころ、迎えられる街の明かりが、旅の終わりを教えてくれます。

2時間は本当に、あっという間。決して華美ではなく、背伸びもない。約70kmの間にいただいたものの大きさに、胸がいっぱいになりました。それは、地元の人たち、アテンダントさん、乗客の皆さんが一緒になって作り上げる、温かい、とっておきの『ものがたり』。

あのアテンダントさんに、あの列車に、あの食に、手を振ってくれた、話してくれたあの人たちにまた、会いたい。ファンがここに一人、増えました。

乗ればきっと誰もがファンになるはず。穏やかな伊予灘のような列車が、地元の人たちが、あなたとの出会いを待っています。


伊予灘ものがたり
運行時刻/『大洲編』8:26JR松山駅発、『双海編』10:51JR伊予大洲発、『八幡浜編』13:28JR松山駅発、『道後編』16:06JR八幡浜駅発
運行日/土日祝日(臨時運行あり、HP参照)
料金/大洲・双海編1930円、八幡浜・道後編2260円(乗車券及びグリーン車料金を含む。それぞれ食事代は別途必要)
電話/0570-00-4592(JR四国電話案内センター)
http://iyonadamonogatari.com/

瀬戸内Finderフォトライター ハタノエリ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ハタノ エリ

ハタノ エリ

1978年宮崎県生まれ。愛媛県松山市在住。 新聞記者のちフリーライター。 日常にも、おもてなしの心があふれる愛媛。2年前、この地を離れても忘れられず、2017年春、戻ってきました!訪れたらきっと、大好きになる。そんな確信があるからこそ、誰かの「愛媛行き」を、グッと後押しする記事を書いていきたい。

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP