海の幸山の幸に、温水プールや天然温泉も!山口に行ったら絶対立ち寄りたい道の駅/道の駅阿武町(山口県阿武郡)

全国各地に1117駅(H29.4月現在/国土交通省調べ)あるという道の駅。
その発祥といわれているのが、国道191号線沿いにある『道の駅阿武町』です。

さすが道の駅発祥というだけあって、見どころ満載です。
まずは一番広い面積を占める、物産直売所『あぶの旬館』。
開店10時とともに多くのお客が押し寄せます。
阿武のうまいもんがズラリと並ぶ中、一番の人気を誇るのが鮮魚コーナー。

毎朝10時半頃になると、町内の漁港から朝獲れたての新鮮なお魚が次々に入荷します。
どの買い物カゴもあふれそうなほどのお魚でいっぱい!
それもそのはず!小アジが10匹以上はいって1パック150円など、どれもありえない安さ!
地元だけでなく、遠方から料理人もかけつけるほどの人気だとか。

物産直売所内には、獲れたての魚を使って目の前で握ってくれる寿司カウンターもあります。(※土日祝日限定)
安くて美味しい握り寿司は握った端から売れていきます。

広大な敷地には物産直売所以外にも家族連れで楽しめる様々な施設があります。
海を臨むテラス席があるレストラン『DINING CAFE 846』もその一つ。

メニューには獲れたて海の幸を堪能できる定食がずらり。
写真は『鹿島定食』(1650円/税別)。秋が旬の『ぼてこ(カサゴ)』の煮つけが絶品。
朝獲れのお魚で造ったお刺身もご覧の通りの活きのよさ!

魚だけじゃない!阿武町名物『無角和牛』

海の幸以外にもこのレストランの名物メニューがもう一つ。
山口県のみで飼育されているという『無角和牛』を使った肉料理です。
『無角和牛』とは名前の通り角のない和牛で、そのほとんどが阿武町で飼育されており、毎月数頭しか出荷されないという希少性の高いお肉。

写真は、1年のうち10月から年末までのシーズンしか提供されない無角和牛の生肉を使った期間限定メニュー『無角和牛と県産野菜の陶板焼き』(2300円/税別)。
厚めに切られたサーロインとリブロースが柔らかくジューシーでとっても美味でした。

まだまだある!道の駅阿武町名物

『DINING CAFE 846』の玄関口そばに、『846』というのれんがかかった小さいログハウスを発見。
出店のようですが、そこで売られていたのは『蒸気船まんじゅう』。
阿武町や萩市の人にとっては、たい焼きより馴染みの深いソウルフードだとか。
ほら、こうやって写真を撮るとフォトジェニック!

ログハウスの中に特別に入らせてもらうと…なんと炭火で手焼きされていました!
だから皮がパリッと香ばしくて美味しいんですね!餡子とクリームが選べて1個100円。
小腹がすいた時のおやつにぴったりです。

お腹いっぱいになった後はプールで軽く運動はいかが?
実はこの道の駅には温水プールまであるんです!
しかもその規模は本格的で、25メートル6コースのプールのほか、子ども用のプールにサウナまであります。

写真は撮れませんでしたが、道の駅の2階には日本海に浮かぶ鹿島や夕日の絶景を眺望しながら入ることができる天然温泉もあり、すぐ近くにある清ヶ浜で遊ぶサーファーやキャンパーたちもよく訪れるとか。
レジャー施設も充実する『道の駅阿武町』。これからの行楽シーズンにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?


道の駅阿武町
所在地/山口県阿武郡阿武町大字奈古2249
アクセス/中国自動車道美祢東ICから約63km
電話/08388-2-0355(代表)
駐車場/無料(146台)
http://www.abucreation.com

<施設>
物産直売所『あぶの旬館』
営業時間/10:00~18:00
定休日/年末年始のみ休業
電話/08388-2-0355

ダイニングカフェ846
営業時間/10:00~21:00(ラストオーダー20:00)
電話/08388-2-2483
定休日/毎月第1.3.5水曜日(祝日の場合、翌日)および年末年始休業
※1月、2月は毎週水曜日休業

温水プール
営業時間/10:00~20:00(7月~8月)※土日祝日10:00~19:00
13:00~20:00(9月~6月)※土日祝日11:00~19:00
電話/08388-2-3382
定休日/7月~8月無休
9月~6月は毎週水曜日および年末年始休業

日本海温泉『鹿島の湯』
営業時間/10:00~21:00
電話/08388-2-3106
定休日/毎週水曜日および年末年始

瀬戸内Finderフォトライター イソナガアキコ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

イソナガ アキコ

イソナガ アキコ

生まれも育ちも広島という生粋の広島人。母の故郷は瀬戸内に浮かぶ愛媛の小島。子どもの頃、みかん倉庫の屋上に登って眺めた瀬戸の多島美は本当に美しかったなあ。いい歳のオトナになった今、瀬戸内の魅力を発信するフォトライターとして活動できることに喜びを感じる日々。現在は世界遺産宮島から徒歩圏内の自宅でライター業の傍ら、色彩心理学を勉強し、講師としても活動中。 URL/http://isonaga.wixsite.com/ikka

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP