三次市街を覆う神秘的な『霧の海』を見に行こう!/高谷山展望台(広島県三次市)

三次市の『高谷山展望台』へ、霧の海を見に行こう

山間盆地として有名な広島県三次(みよし)市の『高谷山展望台』は、秋から早春に発生する濃い霧が市街地を覆い、『霧の海』が広がることで知られています。
この霧の海開きとなった10月初旬の早朝、絶景を見るために早起きしてきました。

霧の海が現われやすい条件は3つ。

・10月〜3月の早朝
・風が少なく晴れた日であること
・高気圧が張り出し放射冷却が起こっていること

条件をクリアした時だけに現われる神秘的な『霧の海』へどのようにたどり着いたか、本記事で紹介します。

『高谷山展望台』へのアクセス方法!

『高谷山展望台』は三次市の中心街から一番近い山『高谷山』にあります。標高は490メートル。ふもとの入り口から700メートルで展望台に着きます。徒歩でも登ることができますが、日の出前に『高谷山展望台』へ向かう場合、道路が暗いため車での移動が安全です。

『高谷山展望台』より手前300メートルのところに駐車場が整備されています。駐車スペースは約30台分ありますが、10月~3月は混雑することも多いため、日の出より1時間程度早めに駐車することをおすすめします。

駐車場よりゆるやかな坂道を上ると『高谷山展望台』へ到着。1Fと2Fに展望スペースがあり、多くの方が利用できるようになっています。

思わずうっとり、霧の海から望む御来光

太陽が顔を覗かせ始めるころには、霧の海から昇る御来光を一目みようと、展望台にたくさんの人が集まります。

展望台最前列へ。霧の海をゆっくりと昇る太陽に目を奪われます。
視界を遮るものはなく、穏やかな霧の海が目の前に広がり、そこから悠然と朝日が昇る。
その景色は言葉にならないほど神秘的で美しく、時間を忘れてしまいます。
限られた気象条件の時だけしか現われない景色ですが、ぜひチャレンジして欲しい絶景。一見の価値ありです。

夜も楽しめる『高谷山展望台』

霧が晴れた『高谷山展望台』からは三次市内を一望することができます。特に水蒸気の少ない冬は、街の灯りがさらに煌びやかに輝きます。

またうっすらと霧が発生したときの、霧と夜景が交わる幻想的な景色もおすすめです。
晴れた日の朝、ぜひ早起きして『高谷山展望台』へ足を運んでみてください。もし運悪く霧が晴れていても大丈夫。夜にも三次市の絶景が待っています。


高谷山展望台
住所/広島県三次市粟屋町
電話/0824-64-0066
駐車場/約30台
アクセス/JR三次駅より車で15分 中国自動車道三次ICより車で20分
ホームページ/ http://www.asahi-net.or.jp/~rs9s-mrok/
瀬戸内Finder Yusuke Minami

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

Yusuke Minami

Yusuke Minami

1981年生まれ、鹿児島出身、福山市在住 全日本プロレスの運営スタッフとして各地を飛び回っていたとある日、広島県福山市鞆の浦の景色に惹かれたことをきっかけに福山に移り住みました。2013年より福山コロナワールドにて『真・さかもと整体館』の代表、整体師をしています。その傍ら写真で備後地域の魅力を発信する『備後の街かど写真』の運営もしています。 備後の街かど写真 http://bingo-fukuyama.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP