大鳥居を眺めながら宮島生まれのビールを味わうブルワリー誕生!/宮島ブルワリー(広島県廿日市市)

いきなりですが、皆さんは『ブルーパブ』という言葉を聞いたことはありますか?
ブルーパブとはブルワリーを併設したレストランやバーのこと。
できたてクラフトビールが味わえると、今、ビール好きの間で注目を集めるホットな場所なんです。

最近もっぱらビール党の私も注目していて「徒歩圏内にブルーパブがあったらいいのに」なんて思っていたら、広島を代表するクラフトビールの一つ『宮島ビール』が宮島にブルワリーを作るというニュースが飛び込んできました!

宮島ビールってどんなビール?

この宮島ビール、実はすでに広島最大の繁華街、流川に直営ビールスタンド『宮島ビールスプラウト』を出店しています。
さっそく宮島ビールの予習をしなくてはと(ただ飲みたかっただけ!?)まずはこちらを訪れることにしました。

4坪ほどの決して広いとはいえない店内に、取材中も常連さんや県外からきた観光客がひっきりなしに訪れます。

この日用意されていたのは、写真左からペールエール、小麦のラガー、ヴァイツェンの3種類。
こうしてみると色の違いがよくわかりますね。

普段はペールエールが大好きな私ですが、この日注目したのはバナナのような甘い芳香が特徴のヴァイツェン!
実はこれまでこの『バナナのような甘い芳香』が苦手だったのですが、この日はこれにハマってしまいました。

宮島ビールの特徴は、麦芽の旨みを最大限に活かした製法により感じられる自然の甘みなのだそうです。
だからヴァイツェンの甘さがちょうどよく感じたのかな?

店長さん曰く、「今度宮島にできる『宮島ブルワリー』は宮島に湧き出る天然水で醸造するのでまた味わいが違うはずですよ」とのこと。これはますます期待に胸が高鳴ります。

『宮島』にとことんこだわったブルワリー

ということで、宮島ブルワリーオープンの数日前にメディア向けに開催された内覧会にお邪魔しました。

宮島ブルワリーができたのは、宮島で最もたくさんの観光客が行き交う表参道商店街。
スターバックスコーヒーも同じ建物に入っていることでも話題を集めています。
(スターバックスコーヒー表参道店については別途記事でご紹介予定です)

この宮島ブルワリーを立ち上げた宮島ビールのCEO有本氏はここ宮島の出身。
一度は宮島を離れサラリーマンの道を歩み、2度と戻ることはないだろうと思った時期もあったそうですが、歳を重ねるにつれ「故郷に戻って、地域に役立つことがしたい」と思うようになったそうです。

その時、思いついたのがクラフトビールの醸造と、宮島の絶景を眺めならそのビールを飲める場所を創ること。
2010年に『宮島ビール』を立ち上げてから約8年の時を経て、その夢をついに叶えたのでした。

「『宮島』にとことんこだわった」というビールの醸造には、大鳥居からほど近い場所に湧き出る天然水が100%使われます。
この時はまだビニールがかけられていましたが、このタンクで醸造されたビールが飲めるのは2018年1月下旬頃からということでした。待ち遠しいですね!

宮島ブルワリーでビールを楽しむ方法

宮島ブルワリーでビールを楽しむ方法は2つあります。
ひとつは1階の『MIYAJIMABEERSTAND』でテイクアウトする方法。
店に立つのはハンガリーからやって来たという20代の青年。人気者になりそうな予感!

そしてもうひとつは、宮島ブルワリーに来たら是非利用してほしい、3階のレストランスペース。
大きく開放的な窓から、穏やかな瀬戸内海と大鳥居を眺めることができます。
窓から望む景色が世界遺産だなんて、なんて贅沢なレストラン!

有本氏曰く、「この景色を見ながらビールを飲んでほしくて」この建物を3階建てにすることにこだわったそうです。
ここで飲むビールはきっと格別でしょうね!

席数は48席。
ビールによく合う広島産の牡蠣やアナゴ料理も食べられるそうです。
ランチやディナーは予約も可能です。

このサーバーコックから醸造されたビールがどんどん注がれるはずです。
コックの数は9つ。ということは…

「9種類のビールが飲めるんですか?」と聞いてみると、8つのコックはそれぞれ異なる種類のビールが、そして1つは何とビールの醸造にも使うという宮島天然水で造った炭酸水が出る予定だそうです。

ビールはこの中から3種類のビールが飲み比べできる飲み比べセットもあるとか。
ここが宮島で最もホットなスポットの一つになる日はそう遠くはなさそうです。
オープンしたらまたぜひ訪れてレポートしたいと思います!


宮島ブルワリー
所在地/広島県廿日市市宮島町459-2
アクセス/宮島フェリー桟橋より徒歩約11分
営業時間/
MIYAJIMA BEER STAND(1F) 10:00-20:00
MIYAJIMA BREWERY(3F) 11:00-23:00
定休日/木曜日(祝日は営業)
電話/0829-40-2607

宮島ビールスプラウト
所在地/広島市中区流川町4-18第三鯉城ビル1階
アクセス/
営業時間 17時30分~23時00分
定休日/月~木曜日・日曜日・祝日
    ※金・土曜日のみ営業
電話/090-6403-2010

https://www.miyajima-beer.com/

瀬戸内Finderフォトライター イソナガアキコ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

イソナガ アキコ

イソナガ アキコ

生まれも育ちも広島という生粋の広島人。母の故郷は瀬戸内に浮かぶ愛媛の小島。子どもの頃、みかん倉庫の屋上に登って眺めた瀬戸の多島美は本当に美しかったなあ。いい歳のオトナになった今、瀬戸内の魅力を発信するフォトライターとして活動できることに喜びを感じる日々。現在は世界遺産宮島から徒歩圏内の自宅でライター業の傍ら、色彩心理学を勉強し、講師としても活動中。 URL/http://isonaga.wixsite.com/ikka

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP