全国の受験生とそのご家族の方へ。縁起を担ぐ入場券で合格祈願!/学駅(徳島県吉野川市)

師走ともなれば、大人も子どもも慌ただしさを感じますが、特に大変なのは受験生とそのご家族です。
寒さが厳しくなるなか、勉学に励む息子や娘、孫を心配している方も多いのではないでしょうか。
結局は本人の頑張り次第とはいえ、見守るしかない立場としては、縁起の一つも担ぎたくなるもの。

学問と縁の深い土地に生まれた『学駅』

そこでご紹介したいのが、徳島県吉野川市にある四国旅客鉄道(JR四国)徳島線の『学駅』です。
情緒ある昔ながらの切妻屋根の木造駅舎は、改札の上にある櫓がとてもフォトジェニックな建物。
いつの頃からか、駅の構内へ入るための入場券が、受験生やそのご家族から人気を呼んでいるそう。

学駅は1899年(明治32年)に徳島鉄道会社の駅として開業、1907年(明治40年)の国有化を経て、一世紀以上の長い歴史を持っています。
2010年からは駅業務体制の見直しで無人駅となりましたが、かつては多くの乗客が利用していました。
ちなみに徳島駅から学駅へ向かうには、普通列車に揺られて約40分ほどの小旅行となります。

気になる『学駅』という名前は、この周辺一帯の地域が『学』と呼ばれていたところからだそう。
諸説あるようですが、掲示されている由来によれば、その昔『了慶寺』というお寺があり、ここにいた学徳の高い僧侶の評判を聞き、各地から大勢の人々が学問を習いに来た故事にちなんでいるとのこと。

5枚の入場券をお守り袋と一緒に

学駅の入場券は硬い厚紙でつくられており、いわゆる『硬券』に分類されるタイプとなります。
右上に入場券であることを示す『入』、その下に駅名の『学』が印字されているのがわかりますか?
そうなんです!縦に読むと『入学』となるため、縁起を担ぐ受験生やご家族から注目されているんです!

1枚だけでもご利益がありそうな学駅の入場券ですが、実は5枚ワンセットで揃えるのが大人気。
『入学』が5枚で『5入学(ご入学)』となるため「縁起がいい!」と評判になっています。
さらに四国旅客鉄道(JR四国)ではお守り袋(1個)とセットの『合格祈願きっぷ』を800円で販売中。
四国の主要駅で購入できるほか、郵送やWebでの申し込みも受け付けており、全国から入手可能です。

この『合格祈願きっぷ』のお守り袋は、赤・紫・水色・桃色の4種類から自由に選ぶことができます。
5枚ワンセットの入場券をぴったり収納できるようになっており、学校や塾へ通うときに使う勉強道具を入れたカバンにつけたり、制服の胸ポケットなどにこっそり忍ばせておいても良さそうですね。

お正月期間は素敵なご当地特典も

そして、忘れてはならないのは、お正月期間中に四国旅客鉄道(JR四国)が行う嬉しい取り組み!
2018年1月1日から1月8日までの間に、学駅(1月1日~8日まで臨時販売。1日~3日は9:00~15:00、4日~8日は9:00~12:00および13:00~15:00)または徳島駅で、この『合格祈願きっぷ』を購入すると、ほかの駅や郵送申し込みでは入手できない素敵なご当地特典がついてきます。
学駅、徳島駅の両駅で、徳島駅に隣接する車両基地『徳島運転所』で実際に使用されている空転防止用の『すべらない砂』がプレゼントされる(なくなり次第終了)ほか、徳島駅では社員が願いを込めて製作したオリジナルメッセージカード(先着100名)がもらえるそう。
例年、12月下旬からは受験生応援の気持ちを込めて巨大な絵馬や桜などの飾りつけを行う『学駅』。
お正月期間のみ臨時の窓口が設置されますので、ここで『合格祈願きっぷ』を手に入れてみては?


学駅
所在地/徳島県吉野川市川島町学字吉本8
電話/JR四国電話案内センター 0570-00-4592(8:00~20:00 ※通話料がかかります)
   JR徳島駅鉄道案内所 088-622-7935(8:30~17:30 ※通話料がかかります)
http://www.jr-shikoku.co.jp/

※郵送販売、お正月期間の臨時販売、ご当地特典などの内容は、予告なく変更になる場合があります。
 必ず購入や現地にお出かけになる前に四国旅客鉄道(JR四国)へ詳細をお問い合わせください。

瀬戸内Finderフォトライター 重藤貴志

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

重藤 貴志

重藤 貴志

徳島で暮らしているインタヴュアー/ライター/コピーライターです。屋号は“Signature”。新聞広告をはじめ、書籍や雑誌、ウェブサイトなど、幅広い媒体で仕事をしています。生まれ育ちは東京ですが、縁あって徳島に移り住みました。県外出身者の視点から見た徳島の魅力を中心に、瀬戸内のさまざまな情報を紹介していきます。 Twitter https://twitter.com/Siqoqtaq

「その他」の記事はまだまだあります

その他一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP