格安『魚定食』が人気の人情味あふれる定食屋/『大阪屋』(岡山県玉野市)

直島や豊島などアートの島への玄関口、宇野港(岡山県玉野市)。旅の序章にふさわしく、芸術作品が点在している陸の『隠れアートスポット』です。

海岸沿いにあるこちらの作品は、有名な『宇野のチヌ』。ゴミや漂流物を色別に組み合わせた迫力満点の立体作品は、ぜひ生で見てほしい!

実は港周辺、魅力的な食堂がいくつかあるんですよ。

今回は、港から徒歩5分の『大阪屋』さんに行ってみました。
この誠実なのれんを見てください!期待できますね。

光が差し込み開放感のある食堂は、昼から夜までノンストップ営業。地元の常連さんを中心に、女子高校生から高齢者まで、とにかく客層が厚いんです。

一番人気はこの『魚定食』。こんもりのご飯、味噌汁、小鉢(昼は冷奴です)、漬物がついて600円とリーズナブル!

近所の魚屋さんで仕入れる瀬戸内の魚や、サバ・サンマなど6~8種類の魚料理がカウンターにびっしり並びます。煮付け、塩焼き、フライと調理法はさまざまで、この中から一品を選ぶシステム。美味しそうに焼き上がった鯛の塩焼きをチョイスしました。

心奪われたのが、半熟卵が入ったお味噌汁(ランチ帯限定)。魚介の出汁が効いたスープとの組み合わせが見事!この一杯とご飯だけで満足と思わせるほど、幸福感が押し寄せてきます。

もう一つの人気メニューが『かつ丼』(味噌汁付き650円)。
この辺りは『瀬戸内芸術祭』効果で海外客も多く、その多くがザ・日本食の『カツドン』を注文するのだそう。卵の半熟加減といい、サクサク衣をまとった肉厚なカツといい、これを『日本のカツドン』と認識した外国の方、とてもラッキーです。
ところで、なぜ『大阪屋』??

店を営む横田洋美さんに尋ねたところ、
「母が関西からこちらに嫁ぎ、戦後にここで定食屋をはじめたんです。自分の出身地を名前にしたんですよ」とこのこと。
同じ場所で定食屋を守り65年、いまは横田さんご夫婦と娘さんのご家族で切り盛りしています。
ご家族の柔らかな雰囲気、温かい声掛けが、隠し味にもなっている『大阪屋』。
旅のはじまりに、あるいはおわりに、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。


『大阪屋』
所在地/岡山県玉野市築港2-3-20
営業時間/11:30~21:00
定休日/日曜
電話番号/0863-21-4026
瀬戸内Finderフォトライター ハタノエリ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ハタノ エリ

ハタノ エリ

1978年宮崎県生まれ。愛媛県松山市在住。 新聞記者のちフリーライター。 日常にも、おもてなしの心があふれる愛媛。2年前、この地を離れても忘れられず、2017年春、戻ってきました!訪れたらきっと、大好きになる。そんな確信があるからこそ、誰かの「愛媛行き」を、グッと後押しする記事を書いていきたい。

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP