山あいの田舎町で発見! 幻の祇園坊柿スイーツ『チョコちゃん』『みんなのきぼう』/道の駅 来夢とごうち(広島県安芸太田町)

ふっくら肉厚で、その大きさはリンゴに迫る勢い。いま、希少品種の渋柿『祇園坊柿』を使ったスイーツが全国的な注目をあびています。

広島県北部の山あいに位置する安芸太田町は、祇園坊柿の生産量が全国一。上品な甘さの干し柿は、贈答用として珍重されてきました。それでも田舎町の安芸太田町には「何もない」と言われ、過疎化が進行。そこで地元のおばあちゃんグループが今から14年前、「なんとかせにゃいけん」と新たなスイーツを考案しました。

それがこちら!

その名も『チョコちゃん』です!

おしゃれなパッケージを開けてみると……

マッチのようなかわいらしいスイーツが登場♡ 干し柿を細くカットし、一部をチョコレートでコーティングしています。試しにフルーティな日本酒と一緒にいただいてみると、これがイケる! 熟成された祇園坊柿のコクが、お酒と見事にマッチします。

当初、おばあちゃんグループだけで作っていた『チョコちゃん』。しかし、そのおいしさが国際的な品評会で認められ、町全体で生産に取り組むようになりました。パッケージも一新し、2015年には観光庁後援の『おみやげグランプリ』で準グランプリを受賞。いまでは、安芸太田町を代表するみやげ物となっています。

さらにもうひとつ、イチオシのスイーツをご紹介!

祇園坊柿ジェラート『みんなのきぼう』です。こちらは、地元の柿生産者・管理栄養学科の女子大生・隣町のジェラートメーカーが中心となり、約3年かけて開発しました。

ふたを開けて、さっそく食べてみると……


これまたおいしい~~!! さっぱり上品なミルクジェラートに、粒状になった祇園坊柿の果肉がたっぷり。シャリシャリ、つぶつぶとした食感がクセになります。

今回ご紹介した『チョコちゃん』と『みんなのきぼう』は、どちらも安芸太田町の道の駅『来夢とごうち』限定販売の【幻のスイーツ】(2016年3月現在)。食べたい方はぜひ安芸太田町へ! 自然豊かな町で、絶品スイーツを心ゆくまで味わってみてくださいね。


道の駅 来夢とごうち
所在地/広島県山県郡安芸太田町上殿632-2
営業時間/9:00~19:00(売店)
定休日/なし(元旦は休業)
電話/0826-28-1800
http://www.akioota-navi.jp/

瀬戸内Finderフォトライター 古川いづみ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

古川 いづみ

古川 いづみ

古川 いづみ/フォトライター 1982年生まれ、香川県出身。東京の制作会社で雑誌やWeb媒体の編集&ライティングにたずさわったのち、2012年、結婚を機に広島へ。現在、保育園へ通う息子の送り迎えをしながら仕事をしています。取材ネタは、もっぱら週末に家族で行くドライブで収集。好きな道は西条〜三次方面の375号線、好きな食べ物は宮島のあなごめしです♡

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP