運動場で一泊?!コンテナハウスの宿/The Villa AIOI(香川県東かがわ市)

地方における少子化は実に深刻な問題です。立派な小学校も残念ながら閉校に追いやられ、こんな広い運動場も…って、ん?

運動場の片隅に何かありますね…?

The Villa AIOI

こちら実はコンテナハウスの宿、『The Villa AIOI(ザ ヴィラ アイオイ)』。
2017年の4月にできたばかりの新しい宿泊施設なんです。
場所は、閉校した東かがわ市相生小学校の運動場。『相生コミュニティ協議会』の皆さんにより、地域づくりの一環としてオープンしました。

2棟あるコンテナには、『TSU-KEN(つうけん)』・『SHIDUKO(しづこ)』という名前が付けられています。
お気付きの方もいらっしゃるでしょうか?そう、これは二つとも、ここ東かがわ市相生地区出身の著名人の名前。
伊能忠敬よりも早く、日本初の実測地図を作ったという讃岐のエジソン『久米通賢(くめつうけん)』と、大ヒット曲『東京ブギウギ』などで知られる歌手・女優の『笠置シヅ子(かさぎしづこ)』から取ったものなんだそう。

コンテナ内はまるでワンルームマンション

では早速『SHIDUKO』のコンテナにお邪魔します!
「コンテナ宿なんてどんなもんなんだろ?」と思っていましたが入って仰天、見て仰天。

室内は壁紙がナチュラルな木目調のおしゃれな雰囲気。家具などもあり、まるで「友達の部屋に遊びに来ました」といった感じ。
宿泊料は一人3000円という格安価格で、定員は一棟につき2名。
実際の宿泊者の声に応えて、Free Wi-Fiも急遽設置したのだとか。『お客さんの声にすぐ応える』という姿勢に、地元の方の愛を感じますね!
その愛に虜になり、何度も利用するリピーターの方もいるんだとか。

キッチンも簡単なものなら調理可能。冷蔵庫やポットもありますよ。
コンテナと聞くと、「寒すぎたり暑すぎたりするんじゃないか?」と思っちゃいましたが、『The Villa AIOI』の冬は、暖房・コタツ・電気毛布など充実した設備が勢ぞろい。夏も冷房で居心地は抜群とのことなので、ご安心あれ。

バス・トイレも完備!
むむむ…ワンルームマンションレベルの生活が送れるであろうこの充実具合…普通に住みたい。

こちらは『TSU-KEN』。また雰囲気がガラッと変わり男前風ですね。

部屋の窓から見えていたのがこのテラス。
朝起きてここで運動場を眺めながら朝ごはんなんて、なんとレアで開放的な宿!
新しい希望の朝に運動場でラジオ体操をしたり、近所の小学生たちと走り回ってもいいんです!

目の前のお庭にはピザ窯も。
ここでわいわいピザを焼いたり、暖かい時期にはバーベキューもオススメなのだとか。
希望者には近くの『相生古里庵(あいおいふるさとあん)』にて自転車もレンタル可能。
寝ても覚めても目の前が運動場の珍しいこの宿を拠点に、のんびりした静かな相生地区をゆっくり観光してみませんか?


The Villa AIOI(ザ ヴィラ アイオイ)
所在地/香川県東かがわ市南野103-2
電話/0879-49-1994
利用/相生古里庵にてチェックイン16時・チェックアウト10時
料金/1人1泊 3000円・定員2名(2棟あり)
最寄駅/JR高徳線引田・JR高徳線讃岐相生
http://kagawa-aioi.com

瀬戸内Finderフォトライター 山田 芽実

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

山田 芽実

山田 芽実

香川生まれ。 高校卒業後、米国・京都・香川・東ティモールを経てまた香川在住。 地元のすてきさを改めて発見中。 絵を描いたり写真を撮ったりしています。

Hashtags

旬のキーワード

「ホテル・宿」のランキング

「ホテル・宿」の記事はまだまだあります

ホテル・宿一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP