女性客だけが得(?)をする、海の見えるカフェ/ヒポポパパ(兵庫県明石市)

海の見えるユニークなカフェがあると聞いて、やってきました明石市の林崎松江海岸。

潮風が心地よく吹いています。

ロケーション抜群のカフェでランチ

ビーチから細い道路を1本隔て、見上げると大きな窓が印象的な薄緑色の建物がそのカフェ、『ヒポポパパ』。

30年以上ここでカフェを経営する海好きオーナーさんにそっくりだという、船乗りのカバがヒポポパパの目印です。
外側からは、噂に聞くユニークさはまだ見えてきませんね。

おそるおそる扉を開けると、店内には、大きな窓から眩しすぎる自然光がたっぷりと注いでいます。

うわぁ!
お客さんが、入店するたびにオーシャンビューに目を奪われて歓声を上げ、先客はまだ着いたばかりなのに「きれいだよね~うんうん」と内心なぜか先輩気分。

窓側には海を真正面に望めるカウンター席があります。
船が行ったり来たりして、明石特産の養殖のりを刈り取る様子を眺めながら待っていると、人気の『レディースランチ』が来ました!

スープにさくさくのエビカツサンド、ミニグラタンにサラダ、デザート、ドリンクと盛りだくさんで、まるでお子様ランチのようにわくわくします。

デザートの抹茶ゼリーはココナッツミルクとつぶ餡との相性が、失礼ながら驚くほど良く、ぺろりと完食です。

日本初!魚の目が気になる水族館トイレ

さて、そろそろヒポポパパが『日本初』と謳う、目玉をのぞいてきましょうかね。

お手洗い、お手洗いと…。

そう、ここはトイレがユニークで地元では有名なカフェなんです。ただし、特別なのは女性用お手洗いのみなので、注意してください。

何がユニークって、座って見上げると目に入るのがこれ。お魚がすいすい、頭上を泳いでいきます。
まさかトイレが海中に張り出している…わけないですよね。

これはオーナーが試行錯誤の末作り上げた、通称『水族館トイレ』という、いわばデコレーショントイレなんです。

見渡せば、黄色と青を中心に、カラフルなお魚がたくさんいます!

25年以上このトイレを管理するオーナーが、もう把握しきれないほどの数と種類を誇るお魚たち。

トイレの全体像はこんな感じになっています。
お魚に見とれてついつい長居してしまう人もいれば、お魚の目が気になってそわそわしてしまう人もいるそうですが、私は…好きかな。

水槽の中心に入って1人きりになれる機会って、そんなに頻繁にはないですもの。

SUP体験ができる林崎松江海岸

あー、おもしろかった。
カフェに行ってこんな感想を持つこともそうそうないですよね。

ヒポポパパのある林崎松江海岸では、ボードに立ってパドルで水を漕ぐSUP(スタンドアップパドルボード)も体験することができます。

晴れた日には淡路島がくっきりと見えて、とても美しい海岸です。

季節を問わず、穏やかな海と、水の生き物が楽しめるスポットに是非お出かけください。


ヒポポパパ
所在地/兵庫県明石市松江57-1
電話/078-923-0253
定休日/なし。不定休
営業時間/10:00~20:00(19:30LO)(ランチは11:30~15:00)(ただし、時間変更の場合あり)
最寄駅/山陽電車林崎松江海岸駅
林崎松江海岸駅へのアクセス
駐車場/有り

瀬戸内Finderフォトライター 堀まどか

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

堀 まどか

堀 まどか

堀 まどか/フォトライター 兵庫県生まれ、在住。実務翻訳、外国人起業家支援、通訳案内士(英語)、そしてフォトライター。 ネットマーケティングの外資系スタートアップで進行管理や顧客サポートを担当。 2011年から、フジサンケイビジネスアイ掲載の週刊コラム『ITビジネス最前線』を英日翻訳しています。 日常の風景や旅先で出会った人の表情など、心に触れるものを写真におさめています。瀬戸内のスポット、暮らしぶり、季節感、食を私目線で切り取ります。 写真ブログ http://riderv328.tumblr.com ツイッター https://twitter.com/Riderv328

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP