アートと夕日が似合う島/男木島(香川県)

坂道、細道、石段が続く男木島は、歩く島です。
歩けば歩くほど島と仲良くなれますが、
港を降りてどの道を選ぶかで、男木島の思い出が少しだけ変わるような気がします。

例えば、島の人から「玉姫さん」と呼ばれ、島一番のビュースポットでもある
豊玉姫神社へは、港前の大きな鳥居から。

映画のロケ地にも選ばれた御影石作りの灯台へは、大きな鳥居前を北へ。
畑や海の風景を楽しみながらゆっくり歩いて30分ほどです。
海彦山彦伝説で知られる加茂神社と漁村の風景は、港から南へ。
男木小・中学校前を通る細道の先に待っています。


男木島を歩いていると、
カラフルなオンバ(乳母車)を押すお母さんに会うことがあります。
じつはこれ、アート作品。
3年に一度開催される「瀬戸内国際芸術祭」の作家・オンバファクトリーの手によるもの。
「オンバ」は坂道や細道の多い男木島のお母さんたちの必需品。
荷物を運ぶ道具だったオンバがアーティストによって、
世界でひとつの「マイオンバ」に生まれ変わりました。
働くアート?として、今ではすっかり島の暮らしに溶け込んでいます。

豊玉姫神社や男木島灯台、加茂神社に島の人たち…。
たくさんの思い出を抱えて、男木島発の最終のフェリーに乗り込んだら、
ぜひもう一度男木島を振り返ってください。
季節が秋なら、そこには、ふんわり夕日色のベールをかぶった男木島が、
「またいつでもおいで」、と言ってくれているかのように輝いています。
瀬戸内Finder編集部

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP