尾道の春を彩る、尾道桜スポット3選!/広島県尾道市

年間680万人もの観光客が訪れる広島県尾道市。2015年には『尾道水道が紡いだ中世からの箱庭的都市』として日本遺産に認定されています。坂道やレトロな町並み、そして景観が素晴らしい尾道市ですが、桜の名所としても有名です。そこで今回は厳選した尾道桜スポットを3つ紹介します。

尾道市の桜スポット①千光寺公園

尾道の桜スポット1つ目は『千光寺公園』。
尾道を代表する観光スポット『千光寺公園』へは坂道を上がって行くことができます。しかし、この時季はロープウェイを使うのがオススメ。ロープウェイを使用すると千光寺公園までは約3分ほどで到着しますが、この3分の空旅で桜に彩られた尾道の景観を見下ろすように眺めることができます。

ロープウェイで到着した先にある千光寺公園展望台。桜鑑賞のおすすめスポットでもあるここからの景色は、まさに『ザ・尾道桜』。日本のさくら名所100選として認定されている桜の景観を眺めることができます。さあ、展望台へ上がってみましょう!

ご覧ください、この景色! 思わず感動の声が漏れてしまいます。
千光寺公園展望台からは尾道水道やしまなみ海道の島々を見渡すことができますが、この時季は特に絶景。桜が彩る極上の尾道景観を堪能できます。

期間中は夜もライトアップもしており、日中とはまた違う尾道の美しさを眺めることができます。

千光寺公園の桜は3月下旬~4月上旬が見ごろの予定です。

尾道市の桜スポット②尾道桜土手

2つ目に紹介する尾道桜スポットは『桜土手』です。
尾道駅から徒歩10分ほどの国道184号線沿いの桜土手。なんと1.7kmも桜並木の道が続いています!桜を眺めながらの散歩やジョギングなどちょっとした運動を楽しむ地元民も多いんですよ。

桜並木の尾道桜土手では、桜が散るころもお楽しみ。それは桜の花びらが川に覆い尽くす『花筏(はないかだ)』が現われるからです!花が散っても、最後の最後までここの桜は魅せてくれるのです。ピンク色に染まる川もまた風流!

尾道桜土手の桜の見ごろは3月下旬~4月上旬の予定です。

尾道市の桜スポット③西國寺(さいこくじ)

尾道桜スポット、3つ目は『西國寺』です。
西國寺は健脚祈願のお寺で『三重塔』、『金堂』、『仁王門』などの重要文化財があります。その一つでもある『仁王門』には2体の仁王像が備えられており、2mを超える大草履も奉納されています。ここからでも桜がチラッと見えていますね!

仁王門をくぐると、風情あふれる桜の世界が広がります。まるで桜のトンネルのようですね!

境内を進んでいくと108つの石階段があります。そこを上がって後ろを振り返ってみると、尾道の景観と灯篭、桜が重なり合った風景が楽しめるのも西國寺ならではの魅力。
西國寺には数多くの重要文化財をはじめ、しだれ桜なども境内にあります。そちらも一緒に拝観してみてはいかがでしょうか?

西國寺の桜は4月上旬が見ごろの予定です。

 
春の尾道桜スポットめぐり、いかがだったでしょうか?
この3ヵ所は一日あれば充分に回ることができますよ。一日かけて、ゆっくりと尾道で桜めぐりをしてみませんか?


千光寺公園
住所/広島県尾道市土堂19
電話/0848-38-9184
駐車場/70台(臨時駐車場222台)1回600円
アクセス/山陽自動車道『福山西IC』から約15分、または山陽自動車道『尾道IC』から約20分

尾道桜土手
住所/広島県尾道市桜町周辺
駐車場/なし
アクセス/JR尾道駅より徒歩10分(国道184号線沿い)

西國寺
住所/広島県尾道市西久保町29-27
電話/0848-37-0321
駐車場/10台
アクセス/山陽自動車道『尾道IC』より車で約25分、または『JR尾道駅』より『東行き』バス乗車約5分、『西國寺下バス停』下車徒歩5分

JR尾道駅までのアクセスはコチラ

瀬戸内Finder Yusuke Minami

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

Yusuke Minami

Yusuke Minami

1981年生まれ、鹿児島出身、福山市在住 全日本プロレスの運営スタッフとして各地を飛び回っていたとある日、広島県福山市鞆の浦の景色に惹かれたことをきっかけに福山に移り住みました。2013年より福山コロナワールドにて『真・さかもと整体館』の代表、整体師をしています。その傍ら写真で備後地域の魅力を発信する『備後の街かど写真』の運営もしています。 備後の街かど写真 http://bingo-fukuyama.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP