2014.8.29

イントロダクション/瀬戸内海について

 

出典:ウィキメディア・コモンズ

 

瀬戸内海と言っても、じつはけっこう広いもの。

海面の面積は四国の約1.3倍(23,203㎢)、

海岸線の長さは日本の全長の約2.5倍(7,230㎞)もあります。

そこで、知っておくとちょっぴり便利な見方をご紹介。

瀬戸内海をおおまかに、

東の”備讃瀬戸”(びさんせと)、真ん中の”芸予諸島”(げいよしょとう)、

西の”防予諸島”(ぼうよしょとう)と3つのエリアで分けると、

それぞれの海や島の特徴がわかりやすくなりますよ。

 

 

まず「備讃瀬戸」は、瀬戸内海の東側、岡山県と香川県の間に広がるエリア。

小さな島がポコポコと点在するのが特徴で、

それらの島を船でのんびり移動するのがこのエリアの楽しみ方。

島が小さいので大きな観光地はありませんが、昔ながらの飾らない島の暮らしに触れられます。

最近は、ベネッセアートサイト直島や、瀬戸内国際芸術祭など、現代アートでも注目されています。

 

 

「芸予諸島」は、ちょうど瀬戸内海の真ん中、広島県と愛媛県を結ぶしまなみ海道周辺。

瀬戸内海で一番島が密集したエリアです。

備讃瀬戸に比べると島が大きく、大小の島々が重なり合って見えるので、島というよりは陸にみえるかも。

橋で渡れる島が多く、アクセスしやすくて観光スポットも充実。

自転車でまわる島ポタリングも人気です。現在「しまのわ2014」が開催中です。

 

 

「防予諸島」は、瀬戸内海の西側、山口県と愛媛県の間にまたがるエリア。

周防大島諸島、熊毛群島、忽那諸島を指します。

この辺りまで来ると、だんだん海の色が緑を増してきて、どことなく南国ムードに。

自然環境だけでなく、朝鮮半島や中国など外来文化のなごりや、

九州の文化の影響があるからかもしれません。

 

ぜひ、瀬戸内の島旅の参考にしてみて下さい。

瀬戸内Finderフォトライター 小西智都子

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

「その他」の記事はまだまだあります

その他一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP