日本離れした絶景!約4億年前の地層を見られるジオパーク/須崎海岸(愛媛県西予市)

須崎海岸に約4億年前の日本最古級の地層が!

約4億年前にできた『日本最古級の地層』が、愛媛県南西部にあることをご存じですか?
西予市三瓶町から海岸沿いを西へ向かうと、宇和海に突き出した小さな岬が見えてきます。その先端部に太古の貴重な地層が大規模に広がる『須崎海岸(すざきかいがん)』があるのです。

岬には車道が通じていて、終点には駐車場とトイレも整備されているのですが、実は須崎海岸の遊歩道は駐車場から少し戻った所にあり、入口を見落としてしまいがちですのでご注意くださいね。

284段のやや急な下り階段を慎重に降りていくと、約10分で海辺に到着!
ここからは横目に三瓶湾の穏やかな海を眺めつつ、岬の先端へ遊歩道を進んでいきます。

後方をふり返ると、入り江の奥に三瓶の町並みも見えます。
美しいリアス式海岸が続き、天気が良いと青空に紺碧の海が広がって、ホントに心が洗われますね!

日本離れした絶景が広がる須崎海岸!

さらに5分ほど歩いて岬の先端部へ近づくと雰囲気が一変!
切り立つ断崖が頭上に迫るダイナミックな景色が広がっています。

この狭い通路を回り込むと遊歩道の終点、ついに須崎海岸のハイライトともいえる岬の先端部に到着です。
沖には2つの巨大な岩塊がそびえ立っていて、その存在感に圧倒されます!

須崎海岸は『四国西予ジオパーク』に属していて、『黒瀬川構造帯』と呼ばれる約4億年前の火山灰が降り積もってできた地層を間近に見られる貴重なスポットなのです!

太古の地球に迷い込んでしまったかのような、まさに日本離れした絶景ですね~!
干潮時には爪で引っかいたような海底の岩盤も現われ、青と黄色のストライプ模様の地層が陸上だけでなく海底にも続いているのが分かります。

自分の手で約4億年前の地層に触れてみると、人間の小ささを思い知らされます…

須崎海岸では、水平に重なっているはずの地層が地殻変動の影響で完全に縦向きになっています!
この地層は約2億5千万年前に誕生したとされる日本列島よりもさらにずっと古い時代の地層なので、元ははるか彼方の大陸の一部だったのではないかと考えられています。

須崎海岸は地球(ジオ)のダイナミックな息づかいを体感できる、まさにジオパークの認定にふさわしい場所ですね!

沖に浮かぶ巨岩は『マンモス岩』と名付けられていて『日本の奇岩百景』の一つに数えられます。海上から見るとマンモスの鼻と胴体を分かつ部分に空洞もあります。

実は三瓶町の港から屋形船や海上タクシーに乗船して須崎海岸を海上から見学できる『ジオクルーズ』も出航しています。お時間にゆとりのある方はぜひご利用ください。

また、対岸の海岸線から眺めると、まるで観音様が仰向けに横たわっているように見える『寝観音』の景色も楽しめますので、須崎海岸へお越しの際はお見逃しなく!


須崎海岸
住所/愛媛県西予市三瓶町周木
電話/0894-62-6408(西予市役所経済振興課)
入場料/無料
駐車場/あり(無料、6台程度)
最寄駅/なし
須崎海岸の紹介ページはこちら(せいよじかん/西予市観光協会)

瀬戸内Finderフォトライター 松岡広宣

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

松岡 広宣

松岡 広宣

松岡 広宣/フォトライター 1974年生まれ、兵庫県西宮市出身、西宮市在住。メディアポリス株式会社 代表取締役。 ソーラー発電付きエコキャンピングカー【ソーラーキング号】で全国各地を訪れながら、日本の美しい風景をハイビジョン映像で撮影しています。 できうる限り全国くまなく歩き回って、貴重な日本の自然や風景を映像として後世に残していきたいと考えています。 日本全国を旅していますが、もちろん、地元の瀬戸内も大好きです! 「癒しの国 日本.TV」 ~ 日本全国を「癒しの映像」でバーチャル旅行 http://www.healing-japan.tv/

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP