安い・旨い・早い!愛媛県今治のソウルフード『今治焼豚玉子飯』

都心で楽しめる瀬戸内特集。
今回は愛媛アンテナショップお墨付きの逸品!
今治のソウルフード『今治焼豚玉子飯』をご紹介します。

まずはその歴史から。
約40年前、今治にあった中華料理店『五番閣』(閉店)のまかない料理として誕生。
その後メニュー化され、旨い・安い・早い・ボリュームで人気に火がつき、
現在では今治市内の数十店舗で展開されるようになったそうです。

作り方は、至ってシンプル。
熱々のご飯に焼豚を載せ、半熟目玉焼きをトッピング。
その上から甘辛いタレをかけ、あとはぐちゃぐちゃに混ぜていただきます。
実際に、作ってみました。

作り方
1:材料を用意する。熱々のご飯と焼豚、卵2個、そして焼豚玉子飯のタレ。
2:ご飯の上に焼豚を載せ、タレをかける。
3:半熟の目玉焼きを焼く。今治焼豚玉子飯は2つの卵で半熟がルール!
4:さらにタレをまわしかける。お好みでネギなどをトッピング。

完成!簡単すぎる…。

食べ方にもルールがあります。
1:レンゲを使うこと。(ちょっと食べづらいですが、そういうルールです!)

2:目玉焼きを半分に割る。

3:半分側をグチャグチャに混ぜて、ワイルドに掻きこむ。

半熟の目玉焼きと甘辛いタレが、焼豚とご飯にマッタリと絡んで…これは絶品!!

4:残り半分も同様に、ぐちゃぐちゃにして掻きこみます。(あまりの旨さに追いタレしました…)
ならば、はじめから全部混ぜたら…なんて考えてはいけません!ルールに従って食べるからなお美味しい。

オススメされたこのタレが美味しさの秘密ですね。味わいは焼鳥のタレに近い感じ。
卵黄との相性が抜群です。卵かけごはんにお醤油代わりに使っても美味しそう。

今治焼豚玉子飯のタレは、せとうち旬彩館で購入できます。
都心でも味わえる、愛媛今治のソウルフード。オススメです。ぜひ味わってみてください。

協力:香川・愛媛せとうち旬彩館
所在地:東京都港区新橋2-19-10 新橋マリンビル1・2F
TEL:03-3574-7792

HP:http://www.setouchi-shunsaikan.com/contents/index.html

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP