古代城ハイキング/鬼ノ城(岡山県総社市)

1300年前の城が岡山県に!?
鬼ノ城(きのじょう)は標高400mの鬼城山(きのじょうざん)にある7世紀の城です。
城の範囲は30ha、なんと甲子園球場23個分にもなります。

同じころ、九州から瀬戸内の山々には20前後の城がつくられました。
これらは「古代山城」と呼ばれていますが、実態がわかっている城は多くありません。
鬼ノ城は、長年の発掘調査で当時の様子が判明している数少ない古代山城。
現在は、その成果に基づいて建物などが復元されています。

圧巻なのは復元された「城門」。
城としての防御の要で、その大きさには驚かされます。
門の壁には「版築」と呼ばれる当時と同じ工法を用いているそう。


頂上付近は、ぐるっと一周できるように山道が整備されていて、
ところどころに復元された石畳や解説板も。


ゆっくり見て回ると2時間くらい。
眺めもいいので、ハイキングコースにもオススメですよ。


鬼ノ城
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/kinojou-top.html

鬼ノ城の入口までは車で行くことができ、無料の駐車場もあります。
入口近くのビジターセンターには、鬼ノ城を深く知るための展示が。
わかりやすくまとめた紹介映像もありますので、
鬼ノ城を歩く前に見ておくと理解が深まりますよ。

瀬戸内Finderフォトライター 小西智都子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP