四国の山奥にほんとうにある妖怪村/徳島県三好市

徳島県の井川池田ICから車で吉野川沿いを走ること30分余り。
四国山地に囲まれた山城町は、水木しげるの漫画でおなじみの「子泣き爺」の故郷として知られる妖怪のまち。
国道から脇道を山奥へ分け入ると、そそり立つ山々にしがみつくように、小さな屋根がぼつぼつと見えてきます。
このまちには、数多くの妖怪話が残っていて、その数なんと110カ所54種類。
今でも時折、長老たちが集まっては妖怪談義に花を咲かせているそうです。

この地域に、これほどたくさんの妖怪が棲みついたのには理由があります。
山城町は平地がほとんどない急峻な土地。
崖や淵が多く、人々は度々自然災害に苦しめられてきました。
そうした厳しい土地で生きる知恵を伝えるため、
親から子へと妖怪話を語ることで、
危険の場所へ近付いたり、山の神を荒らさぬよう、教え諭してきたのだそうです。

かつては集落の人々を脅かしていた妖怪たちですが、 今は「妖怪村」として、まちおこしに一役買っています。
妖怪たちが出没した場所には、地元の人たちがつくった木彫りの妖怪オブジェが置かれ、「妖怪めぐり」ができますし、毎年秋には「妖怪祭り」も開催されます。

ネコ娘が怪しく叫ぶ妖怪バンドや、(妖怪語りをヘビメタ風にアレンジしたオリジナルソング、なかなか秀逸です)

泣く子もだまる妖怪汁…
(山城の恵みたっぷりの手づくり味噌煮込み、泣く子だって美味しくて泣きやむかも)
何から何まで妖怪づくし。

クライマックスは、山城町の妖怪たちが勢揃いする妖怪パレード。
山城の人たちの生きる知恵が生み出した、愛嬌たっぷりの妖怪たちに出会えますよ。


山城・大歩危妖怪村
開催日/2018年は11月25日(日)予定
http://www.yamashiro-info.jp/youkai/

瀬戸内Finderフォトライター 小西智都子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP