海が見える港のマルシェ「UNOICHI」/岡山県玉野市・宇野港

海が見える港のマルシェ「UNOICHI」

小豆島や豊島、直島へ渡る玄関口である岡山県の宇野港。
島々への旅人たちが行き交う港町で、2014年夏からスタートしたマルシェイベントが「UNOICHI(うのいち)」です。

キラキラと輝く瀬戸内海を眺めながら、ゆっくりと港と海の時間を楽しめる「UNOICHI」。
2014年7月20日に行われた第1回には、小豆島や直島、豊島のほか岡山県内の多地域から、約30の飲食・物販ブースが出店し、大盛況でした。

会場は港にせり出した芝生公園。瀬戸内海の多島美を一望できるグッド・ロケーションです。

主催者の宇野(港)好きな有志たちが「宇野らしいマルシェを」と出店ブースを厳選して、岡山県内はもちろん瀬戸内の島々から、“港”という場ならではの食材や料理が集まります。
また岡山県倉敷などに象徴される工芸文化、ものづくりが盛んな岡山県ならでは質の高いクラフト作品にも出会えます。
親子で参加できるワークショップがあったり、海に似合う心地いいライブ演奏があったり……。瀬戸内らしさがあふれた一日を楽しめます。

UNOICHIは、普段は宇野港インフォメーションセンターで観光客の人々に瀬戸内海の島々の情報提供などを行なっています。

丁寧な手仕事の品々が宇野という港町に集まり、行き交う多様な人々へ広がって新しい出会いが生まれます。
それぞれの”いいもの”を見つけられる場、それらを通じて暮らしを考える場。

それが宇野港の「UNOICHI」です。

この時は、岡山県玉野市にある『コットンショップ もめん畑』のワークショップが行われました。港に合うマリン・ボーダー柄の布を使った、手芸のワークショップは女性に人気です。


UNOICHI
次回開催日はHPからご覧ください。
◎会 場  :宇野港にせり出した芝生広場(JR宇野駅・各フェリー乗り場より徒歩約5分)
◎住 所  :岡山県玉野市築港1丁目(宇野港 第一突堤緑地)
◎U R L :http://unoichi-tamano.com/

瀬戸内Finderフォトライター アサイアサミ/浅井克俊(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは、岡山を拠点に全国で「地域の魅力を広告する」インディペンデントでオルタナティブな広告会社です。 雑誌「TURNS」の企画制作、岡山を代表する魚「ままかり」の可能性を探すプロジェクト=「ままかRe:Project」の主催のほか、CMやグラフィック制作など、広告屋さんぽいこともたまにしています。 大都市のモノマネ・劣化版ではない、その地域・企業だけの魅力を掘り起こし、デザイン・編集して、「これ、いいでしょ!」と伝えていく。 それが私たちの仕事です。 ココホレジャパン http://kkhr.jp

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP