しまなみ海道・生口島へ!船&グリスロ&自転車で遊ぶ一日/尾道市 瀬戸田

JR尾道駅スタート!しまなみ海道・生口島へ

本日快晴! JR尾道駅に集合。
尾道〜瀬戸田(生口島)をバスor船で往復できるチケット「ぐるっと瀬戸田 周遊パス」を購入し、サイクルシップ・ラズリに乗って船旅をします。
JR尾道駅内の観光案内所でチケットGET。
チケットは2日間有効で往復1人4,500円。瀬戸田の観光施設や飲食店などが割引になったりお得がいっぱい! さっそく行ってみましょう!

ぐるっと瀬戸田 周遊パス
https://www.ononavi.jp/fan/onotabi/guruseto/

土日祝限定!サイクルシップ・ラズリに乗船

本日乗るのはコチラ。土日祝限定で運航している『サイクルシップ・ラズリ』は尾道〜瀬戸田を結ぶサイクリストフレンドリーな船。専用の自転車スタンドもあり、マイバイクと一緒に乗船できる船なんです。
尾道〜瀬戸田は約40分の船旅。記念写真を撮ったり、瀬戸内の多島美を眺めたり、瀬戸内海のプチクルージングを楽しみましょう。
ラズリには「ぐるっと瀬戸田 周遊パス」で乗ることができるほか、船内でチケット購入することも可能です。

瀬戸内クルージング 尾道〜瀬戸田航路
(サイクルシップ ラズリ)

https://s-cruise.jp/cruise/setoda

生口島に上陸!レンタサイクルでGO

瀬戸田港に到着したら、港の目の前のレストラン&お土産ショップ『しまなみロマン』で自転車を借りましょう。
コチラの『SHIMANAMI LEMON BIKE』は尾道市の自転車メーカー〈BETTER BICYCLES ONOMICHI〉とJR西日本のコラボレーションで生まれたスポーツバイク。
完熟レモンのイエローと、若いレモンのライムグリーンがビビッド! しまなみ海道に溶け込む爽やかカラーでテンションが上がります。乗り心地もよくポタリングにぴったり。7段階のギア付きで坂道もラクです。

『SHIMANAMI LEMON BIKE』の貸出料金は3時間1,000円/台、1日2,000円/台。『しまなみロマン』での貸出は乗り捨て不可のため、閉店の17時までに返却しましょうね。

ちなみに『しまなみロマン』はランチの丼、昼過ぎはピッツァやアヒージョなどの欧風料理が人気。サイクリング後には、レモンの島・瀬戸田らしさいっぱいのレモン生ビールで乾杯!……もイイかも。

しまなみロマン(レンタサイクル)
https://shimanami.co.jp

『食堂あおり』でアオリイカのランチ

自転車に乗って、さっそくランチを食べに行きましょう!
やって来たのは港からスグの「しおまち商店街」にある『食堂あおり』。店主・和田さんと釣り仲間の方々が釣ったアオリイカを堪能できる食堂です。
瀬戸田周辺や出雲、宇和島で釣ったアオリイカを塩水で洗い、冷凍熟成させているのだとか。イカは真空冷凍することで、釣りたてのコリコリとした食感からねっとりトロける食感に変化し、甘みもグッと増すのだそう。
玉子つゆにイカをくぐらせて、ほかほかご飯にのっけて……美味〜! 超オススメです。

食堂あおり
https://shokudoaori.com

『平山郁夫美術館』でアートな時間

1930年に瀬戸田町に生まれた画家・平山郁夫は、1945年8月6日に広島市で被曝。その後、代表作〈仏教伝来〉をはじめとする平和を願う作品を多く描いた人物です。
そんな氏の作品をたっぷり、ゆっくり鑑賞できる『平山郁夫美術館』。
平山氏のふるさと・瀬戸田やしまなみ海道を描いた作品、氏が生涯憧れ続けたシルクロードを描いた大作などが季節に合わせて展示されています。

美しく尊い作品ひとつ一つに心が洗われるよう。ああ……瀬戸田に来てよかった……。
美術館には珍しく、館内撮影OKというから驚きです。
ティーラウンジやミュージアムショップもとっても素敵ですよ。たっぷり時間をとって滞在してくださいね。

平山郁夫美術館
http://hirayama-museum.or.jp

この世の極楽!?『耕三寺博物館』

お次は瀬戸田の名所『耕三寺博物館』へ!
『耕三寺』は、日光東照宮や平等院鳳凰堂、法隆寺、四天王寺など、全国の寺社をオマージュした建造物を境内にギュギュッと詰め込んだユニークなお寺です。
初代住職・耕三寺耕三が、亡き母の菩提寺として建立した個人の(!)お寺だというから驚きです。
ひとつ一つの建造物がなんとも華美華麗、そして驚くほど緻密で目が釘付け! まさにここは極楽浄土……有難や……。

 
そして実は、『耕三寺』にはまた別の顔があるのです。それがコチラ。

先ほどの極彩色の世界とはうって変わってオールホワイト! 彫刻家・杭谷一東氏による超大作『未来心の丘』です。

5,000㎡以上ある敷地に3,000トンもの大理石が張り巡らされており、道も階段もオブジェもオール大理石という豪華さ。まるでホワイトアウトの只中のような小径を歩いていると、白昼夢を見ているのかという感覚にクラクラしてきます。そして照り返しもすごい。笑
お庭の頂上にある〈光明の塔〉は瀬戸内海が見渡せるベスト・ビュー・スポットです。

ちなみに『未来心の丘』にはコチラも大理石でできた『カフェ・クオーレ』があり、「食べるレモネード」などさっぱりドリンクがいただけますよ。

瀬戸田 耕三寺博物館
http://www.kousanji.or.jp

今だけ限定!グリーンスローモビリティですいすい

じゃじゃん!
こちらの愉快な乗り物はなんでしょう。

正解はグリーンスローモビリティ、略して「グリスロ」。
グリスロとは、CO2の排出量が少ない電気自動車で、4人乗り以上、時速20km未満で公道を走るモビリティのこと。瀬戸田のグリスロはちょっと大きめの6人乗りです。
瀬戸田では2020年9月13日までグリスロの無料実証実験中! 瀬戸田港〜しおまち商店街を巡るコースと、瀬戸田港〜瀬戸田サンセットビーチまで巡るコースの2種類で運行中です。
瀬戸田グリスロは2021年度夏頃にも実証実験が行われる予定なので、今年の夏に間に合わなかった方は21年の運行をチェックしてみてくださいね。

尾道グリーンスローモビリティ
https://www.ononavi.jp/onomichi_gsm/

せっかくだから乗っちゃった! 夕日の名所『瀬戸田サンセットビーチ』までスローなドライブ〜!
夏なら泳いじゃうってのもいいかもね。この日も海水浴客で賑わっていましたよ。

瀬戸田サンセットビーチ
http://www.onomichi-sunset-beach.jp

船で、自転車で、グリスロで。瀬戸田を大満喫

いかがでしたか?
しまなみ海道・生口島は、船も自転車もグリスロまで楽しみながら気軽に巡るのが大正解!
今回は瀬戸田エリアだけのコースでしたが、もちろん自転車で島を一周したり、お隣の大三島や因島まで行ってみるのも楽しいですよ。
しまなみ海道の青い空と海、島らしいアクティビティを思いっきり満喫してください!


瀬戸内Finder編集部

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

Hashtags

旬のキーワード

「サイクリング」のランキング

「サイクリング」の記事はまだまだあります

サイクリング一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP