秋の夜、島で四百年続く農村歌舞伎を堪能する/中山春日神社奉納歌舞伎(香川県小豆郡)

 
 
瀬戸内海で2番目に大きい小豆島の中山地区では、
毎年地元の人たちによる農村歌舞伎が奉納されます。
素人芝居をあなどるなかれ。
小豆島では、最盛期(大正〜昭和初期)に島内に30の舞台があり、
役者が500〜600人いたというのだから、この島の芝居好きは相当のもの。
今では肥土山と中山の2舞台が残るのみですが、
夜風に吹かれながら、江戸時代さながら庶民の楽しみとしての歌舞伎が味わえます。
 
 
 
 
会場となるのは、映画「八日目の蝉」の舞台にもなった中山の千枚田。
黄金色の棚田に彼岸花が紅をさし始めると、地元の人たちはにわかに忙しくなります。
なにせ、役者はもちろん、義太夫、舞台師、化粧方…、すべて地元の人たちだけで行うのですから。
 
 
 
 
役者たちに芝居を付けるのは「4代続く女形の家系」という矢田徹さん。
役者歴は70年以上、子どもの頃から鍛えられています。
かつては、本番が近付いてくると、
集会所に大根や野菜を持ち寄っては、交代で食事をつくり、朝から晩まで稽古に明け暮れたとか。
サラリーマンが多くなった今では、少し様相が変わりましたが、
それでもみな子どもの頃から舞台を踏んできた強者揃い。
 
 
 
午後5時。
近所の人たちが酒や弁当を携えて、桟敷に集まってくると、おめでたい三番叟で幕が開きます。
 
 
 
 
 
子供歌舞伎はプロの歌舞伎でも人気の「白波5人男」。
 
 
 
日が暮れて、祭り提灯に灯りがつくと、大人の外題が2幕。
名演技には大向こう(かけ声)とおひねりが飛び、一層場が盛り上がります。
夜風に吹かれながら、大人も子供も一緒になっての芝居見物。
棚田の真ん中で、江戸時代から続く島の風物詩がよみがえります。
 
 
 
●中山春日神社奉納歌舞伎
日時 10月10日前後の日曜日 午後5時ごろ開幕
会場 春日神社(香川県小豆郡小豆島町中山1486)
問合せ 一般社団法人 小豆島観光協会(TEL 0879-82-1775)
    小豆島オリーブナビ http://shodoshima.or.jp/
 
瀬戸内Finder フォトライター 小西智都子

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP