大人気!いがらしゆみこ美術館のお姫さま体験/岡山県倉敷市

倉敷美観地区には、日本が世界に誇る名作少女漫画「キャンディ・キャンディ」の作画で知られる少女漫画界の巨匠「いがらしゆみこ」の美術館があります。館内は女の子の夢と希望とキラキラでいっぱい!
今回は、いがらしゆみこが描くような素敵なドレスを着てマイカメラで記念撮影ができる、大人気のお姫さま体験をご紹介します。

愛と元気に再会できる少女漫画の美術館

そばかすなんて きにしないわ
ハナペチャだって だって だって おきにいり
[キャンディ キャンディ 作詞:名木田恵子] より

倉敷美観地区の一角でひと際目を引く赤と白のキュートな建物。懐かしいあのメロディーが聴こえてきたら、そこは愛と元気に再会できる少女漫画の美術館。
いがらしゆみこ氏直筆の原画やグッズ展示、絶版になった名作が読めるライブラリー、お姫さま体験にプリンセスカフェなど、乙女心をくすぐるスポットとして注目を集めています。

永遠の憧れ!ドレスを着て館内を自由に撮影

今回、一緒にお姫さま体験をしてくれたのは、いがらしゆみこ美術館公認のプリンセスアンバサダー道場桃子さん(左)と、ひなりんさん(右)のおふたり!
公募によるオーディションで選ばれたプリンセスアンバサダーは、いがらしゆみこ美術館を中心に、倉敷の観光情報や魅力を各種SNSでPRしている宣伝隊です。

入館後、お姫さま体験の受付を済ませ、早速、ドレスを選んでいきます。子ども用はもちろん、大人用は5号から25号まで幅広く、デザインもたくさん!
「毎回悩んじゃうけど、選んでいるこの時間も楽しい」とひなりんさん。

ドレスが決まったら、更衣室でお着替えです。ドレスのボリュームをアップさせるパニエをつけたら、あら! お姫さまに大変身!

ドレスシューズはもちろん、ティアラやブーケにウィッグなど多彩な撮影グッズにテンションがあがっていきます。

次々とポージングを繰り出す桃子さんは、普段から被写体モデルとして活動中。
「SNS投稿をしてもっとお姫さまになろうキャンペーン」では、ハッシュタグをつけて投稿したSNSの画像をスタッフに見せると、通常500円する有料アクセサリーが無料で1点レンタルできます。早速、SNS投稿用にパチリ!

いがらしゆみこ氏直筆の大壁画や、インスタ映え間違いなしの夢のようなキラキラ空間で撮影を楽しんだ後は、2階の展示ギャラリーへ。ドレスを着たまま、お淑やかに階段を上がっていきます。

懐かしのワンシーンに出会う
ノスタルジックなひととき

2階の展示ギャラリーは、いがらしゆみこ氏が描いたキラキラのお姫さまの世界が広がっています。
常時50点以上の原画や資料が展示してあり、懐かしのグッズコレクションから有名漫画家のサイン色紙展のほか、ファン必見の絶版になった名作が読めるライブラリーなど見応え抜群!

ライブラリーでページを開けば、少女の頃に読んだ懐かしのワンシーンに出会えるかもしれません。

お姫さまのままお茶できる!
主人公体験型のカフェレストラン

1階のカフェプリンセスでは、ランチやスイーツを楽しむことができます。

岡山県産の果物を使ったスイーツや岡山県内のワイナリーで作られた赤ワインをブレンドした「プリンセス・ピンクカレー」など、インスタ映えするかわいい盛り付けに大興奮!

完全予約制でゴージャスな特別デザートを味わえる「マリーアントワネット体験」や「女子会プラン」などもあるので、気になる方は直接問い合わせするのがおすすめです。

美しすぎるアマビエさまなど美術館限定のグッズ!

1階のミュージアムショップには、いがらしゆみこ氏のキャラクターグッズを中心に、同氏のイラストをアマビエ風にデザインした可愛らしいグッズや同氏が挿絵を手がけた恋愛小説「倉敷物語はちまん」といったレア級のお土産物がずらりと並んでいます。

「カフェプリンセス」で提供されているプリンセス・ピンクカレーは、パッケージだけでなく、ワインをブレンドしたルーの色もピンクというインパクト大の一品でした!

気になるお姫さま体験の流れをおさらいします

①美術館の受付で体験のお申し込みをします。
②好きなドレスを選んで更衣室へ。パニエをつけてドレスチェンジ!
③プリンセスホールでティアラなど装飾をつけます。
④館内のインスタ映えスポットで自由に撮影します。
⑤撮影に満足したら、着替えて終了です。

撮影は、ご自身が持参したカメラやスマホで行います。ヘアセットやメイクのサービスはついていないので、ご希望の方は別途事前予約が必要です。

憧れのドレスでお姫さまになって、いつか見た少女漫画の世界にひたり、インスタ映えスポットで思う存分撮影を楽しむ……。
いがらしゆみこ美術館は、誰でも気軽にお姫さまになれる、夢の世界でした!


いがらしゆみこ美術館
住所/岡山県倉敷市本町9-30
電話/086-426-1919
開館時間/10:00〜17:00
入館料/大人600円 中高生400円 小人300円 3歳以下は無料
※お姫さま体験は別途1,500円必要
定休日/無休
駐車場/4台
最寄駅/JR倉敷駅から徒歩20分
http://www.aska-planning-design.co.jp/museum/museumtop.html
”JR倉敷駅までのアクセスはコチラ”

感染症対策を行っています。
・アルコール消毒
・体温測定の実施
・館内の換気
・マスク着用
・入場制限
・直接的な接触の防止

瀬戸内Finderフォトライター 三桃 みえこ

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

三桃みえこ

三桃みえこ

広島市在住。編集者・ライター。三つの桃と書いて“みとう”です。 広島を中心に、瀬戸内の、その土地ならではの文化や伝統、新しい発見をみなさまにお届けします。 趣味は旅とウイスキー。ただ今、サムライの伝統から生まれた吟剣詩舞に夢中。

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP