村立から国立へ。日本初の海員養成学校へタイムスリップ/香川県(粟島)

ここは、瀬戸内海に浮かぶ島の1つ、香川県の粟島(あわしま)。

前回の城ノ山に引き続き、粟島の名所「粟島海員学校」をご紹介します!


粟島海員学校は明治30年に日本初の海員養成学校として開校。

開設当時、村立だった学校は時を経て国立の海員学校となり、

海運界で活躍する優秀な人材を多く輩出してきました。

 

最盛期には、島内の3人に1人が学校の関係者だったそうです。

島にとって本当に大きな存在だったのですね。


しかし、船員の需要は徐々に減少し、昭和62年、海員学校は廃校となってしまいました。

現在は、粟島海洋記念館として、約90年の歴史を重ねた学校の様子を紹介しています。


 

広い館内の大部分は当時の姿のまま。

歩く度に廊下が軋む音も歴史を感じさせてくれます。

  

 

 

ただ、この学校は過去の歴史を感じるだけの場所ではありません。

部屋の一つにこのような看板が付けられています。


何だろうと思い、部屋に入ると4つのテーブル。

それぞれに紙で作られた船が置かれています。

 

そして、その船からは何かがぶら下がっています。

 


 ビンのようにも見えます。

そして、その下には1枚のメモ。


 

 『海底から引き上げられた「このもの」をスケッチしよう。』

 

こちらは瀬戸内国際芸術祭2013に出品された、日比野克彦さんの作品。

日比野さんは、2010年から粟島沖などを潜水し、海底調査を行っています。

そのときに拾い集めた海底遺物が、この作品のテーマ。

まるで時間が止まったようなロマンを感じ、作品を制作したそうです。

 

一体、何に使われていたものなのでしょう。

見る人によって、答えは様々。

ジュースの瓶だという人。水筒だろうという人。

またある子どもは「妖怪ウォッチのキャラクターの角」というユニークな回答。

 

この子どもに負けないくらい自由な発想で、見つめてみてください。

90年前の粟島へ、タイムスリップしてみませんか。

 

 

 ■お問い合わせ先

 

粟島海洋記念館

所在地:香川県三豊市詫間町粟島1541

TEL:0875 – 84 – 7884

HP:http://www.mitoyo-kanko.com/?p=1448

 

 

瀬戸内Finder フォトライター 三木清太郎

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP