海の見える木造校舎はクリエーターたちが集うシェアアトリエ/海の校舎 シェアアトリエ(岡山県笠岡市)

穏やかな瀬戸内海を間近に望む、笠岡市大島地区の旧小学校がシェアアトリエとして生まれ変わりました。ノスタルジックな木造の校舎に、様々なジャンルのクリエーターたちが集まっています。

優しく静かな空気に満ちた木造校舎に魅せられる

平成30年(2018年)に閉校した「旧大島東小学校」。昭和30年代に建てられた2棟の木造校舎の中は、木の廊下や階段の手すりなどが懐かしい雰囲気。教室や職員室の札や、かつてここに通っていた生徒たちが描いた版画などもそのまま残っています。

かつての学び舎がものづくりの場所に生まれ変わった

小学校の教室や隣接する幼稚園舎は、クリエーターたちのアトリエとして活用されています。老舗の帽子メーカーやデニムアパレル、瀬戸内の果物を使ったドライフルーツ屋、デザイン・建築士の事務所、日本画家、木工家具工房など、ジャンルは様々。

北側に建つRC造「3舎」の家庭科室や音楽室なども含め、入居者も募集しています。校内では廊下の窓から仕事風景が見られることも。店舗兼ギャラリーになっている場所では商品の購入も可能です。

シンプルで美しいフォルムの帽子づくりを追求する『石田製帽』

木造校舎「2舎」の1階、元図工室に入居する〈石田製帽〉は、明治30年創業の地元笠岡市の帽子メーカーです。シンプルで美しいフォルムの帽子を追求し、麦わら帽子をはじめとした多彩なアイテムをハンドメイドで生み出しています。アトリエでは麦わら帽子の素材となる麦稈真田(ばっかんさなだ)や専用のミシンも見られます。


石田製帽
https://www.ishidaseibou.com

いつも一緒にいたいアイテムを手作りする『SIRUHA』(シルハ)

「書く」をコンセプトに、シンプルで使いやすい手帳やノートを作っている〈SIRUHA〉。アトリエとショップが入るのは、木造校舎「2舎」の1階、元は保健室だった場所です。手に触れた時の心地よさにもこだわった品々は、相棒のようにずっとそばに置きたいものばかり。財布、ポーチ、鞄など、旅に持って行きたくなるような革・布の小物も並んでいます。


SIRUHA(シルハ)
https://siruha.jp

豊かな表情を持つ、木のものづくり工房『サザンツリー』

木工家具の工房〈サザンツリー〉があるのは、旧小学校の隣の幼稚園舎だった建物です。室内には大型の機械が並び、たくさんの工具がアートのようにディスプレイされています。入口には無垢材のカッティングボードや時計、スツール、玩具のほか、すべて木で作られた「ままごとキッチン」も展示。


サザンツリー
http://mamagoto.tree373.com

職人のアドバイスで楽しむ、こだわりの創作体験

一部のアトリエでは創作体験も可能です。好きな麦わら帽子と飾りを選んで装飾するデコレーション体験や、チクチク手縫いで楽しむ革小物製作、自分好みの大きさや形にできるカッティングボード作りなどがあります(所要時間や料金は体験によって異なります。すべて要予約)。


創作体験
体験予約は公式サイトのコンタクトフォームもしくはメールから問い合わせ

爽快! 屋上から望む瀬戸内の穏やかな海と島影

北側に建つ3階建てRC造の「3舎」の屋上から望む瀬戸内の景色。地元の漁港や行き交う船、点在する笠岡諸島などが視界に入ります。時間によって変わる海や空の色もきれいです。

校歌が聞こえてきそうな昭和の雰囲気漂う講堂

南側の木造校舎「1舎」の講堂は、木の床や窓枠、暗幕カーテンや舞台の袖幕に昭和の雰囲気が漂います。入学式や卒業式などがここで行われていたのかな~としみじみ。2022年4月公開の映画『とんび』(阿部寛さん主演)の撮影にも使われました。

「この場所を残したい!」。想いを実現し繋げる人たち

一度は取り壊されそうになった廃校を復活させ、新たな息吹を吹き込む人たち。「海の校舎 シェアアトリエ」の運営には入居するクリエーター自らが携わり、自治体や地元のまちづくり協議会と共に地域の活性化を目指しています。左から〈SIRUHA〉代表の藤本進司さん、〈石田製帽〉代表取締役の石田勝士さん、〈サザンツリー〉代表の南智之さん、〈石田製帽〉帽子職人の坂本侑三さん。

普段の作業風景の見学や、その場で買物ができる「開放日」を定期的に設けるほか、春と秋の年2回、ものづくり作家や近隣のおいしいものが集まるクラフトマルシェ「うみの市」も開催。クリエーターと地域住民、イベントに訪れる一般の人たちのコミュニケーションの場としても楽しみなスポットです。

*第3回「うみの市」は2022年11月5日(土)・6日(日)開催予定


海の校舎 シェアアトリエ
住所/岡山県笠岡市大島中2553(旧大島東小学校)
https://uminokousha.com

Instagram @uminokousha
Facebook @uminokousha

瀬戸内Finder編集部

※感染症対策に配慮した上で撮影を実施しています。

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP