グルメアイランド淡路島で外せない名物グルメ5選!/兵庫県淡路島

せとうちが誇るグルメアイランド・淡路島。
兵庫県南部にある瀬戸内海で最大の大きさを誇るこの島は、古代から平安時代にかけて、淡路島は皇室や朝廷に食糧を貢ぐ「御食国(みけつくに)」として栄えてきた歴史があります。

海に囲まれ、自然自然豊かな淡路島は、令和の今も、海の幸 山の幸 問わずおいしいものがいっぱい!
この記事ではこれまで瀬戸内Finderで紹介してきた、淡路島グルメにスポットを当ててまとめました。淡路島旅行の際に、ぜひお役立てください!

淡路島といえばやっぱり「たまねぎ」!

04

日本一の品質を誇る「淡路島たまねぎ」は淡路ブランドの代表選手として有名ですよね。瀬戸内海に面した温暖な気候と肥沃な土壌が育てる淡路島の玉ねぎは甘くて柔らかくみずみずしいのが特⻑です。

『あわじ国(南あわじ市)』は、淡路島の中でも、玉ねぎ栽培が最もさかんな地域。「土が野菜を作る」ということを一番大切にして玉ねぎ農家 仲野農園を営んでいるのが仲野隆行さん。粉砕した真昆布やカニなどの有機肥料を混ぜ込んでミネラルの豊富な土、いわばミネラル豊富な『だし』のきいた畑で育てるから、旨みと甘みがたっぷりの美味しい玉ねぎができるというわけなんです。

07

新玉ねぎに包丁を入れると、水分がじわ~っとあふれ出ます。とにかくまずは、果肉のみずみずしさを味わってみてほしいとのこと。玉ねぎは辛みを感じるどころか、むしろ甘い甘みを感じるほど!フルーツ並みの糖度のある新玉ねぎは、美味しくていくらでも食べられてしまいます。

仲野農園の玉ねぎは、電話またはFAXで全国発送もOK、事前に予約をすれば6月初旬までなら収穫体験をして持ち帰ることも可能です。淡路島にお出かけの際には立ち寄ってみては?

> 美味しさの秘密は○○にあり!?話題の「あわじ国」で、とびきりおいしい玉ねぎを見つけました!/仲野農園・仲野隆行さん(兵庫県南あわじ市)


仲野農園 仲野隆行
住所/兵庫県南あわじ市阿万塩屋町2300
電話/0799-55-1652
注文/電話またはFAXにて。
※日中は畑に出ているため、電話に出られないことがあります。12:30~13:00と19:00以降がつながりやすくなっています。
発送/2kg、5kg、10kg、20kg

淡路島玉ねぎ+淡路牛で、スペシャルな牛丼!

近年淡路島グルメとして話題になっているのが『淡路島牛丼』。淡路島産の牛肉・玉ねぎ・米を使用した淡路島が誇るソウルフードとして絶賛売出し中!

淡路島自慢の甘ーい玉ねぎに火を入れればさらに甘みがアップ。そこに、淡路島の豊かな自然の中で育った旨味あふれる「淡路牛」を一緒に煮込めば、とびきりおいしい牛丼のでき上がりです。

島内50軒以上の店舗で提供されているので、食べ比べてみるのも楽しいですよ。淡路島内には、お店巡りのための「淡路島牛丼店舗マップ」も。配布場所などの詳細はこちらでチェックしてみてください

レトルトの牛丼も豊富にあるので、お土産にもおすすめです!

> 新スポット続々!1泊2日で淡路島旅行+牛丼/兵庫県淡路市・洲本市

淡路島の味覚を存分に味わうなら
『キッチンユーカリが丘』!

動物との触れ合いや収穫体験、季節のお花畑も楽しめる施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」。そこに隣接する施設にあるカフェレストラン『キッチンユーカリが丘』が、淡路島の自然の恵みを存分に味わえるスポットとして人気を集めています。

淡路島の食材をたっぷり使った人気のご当地メニュー(淡路島牛丼、淡路島バーガー、淡路島カレー 他)、淡路島野菜たっぷりのサラダ、淡路島牛乳を使ったスイーツまでここでいっぺんに食べられるのは魅力的! 淡路島の海の幸、山の幸をあますことなく楽しみたいあなたには、『キッチンユーカリが丘』をお勧めします。

> 淡路島の食を存分に堪能できるレストラン『キッチンユーカリが丘』/兵庫県南あわじ市【PR】


キッチンユーカリが丘
住所/兵庫県南あわじ市八木養宜上1408
電話/0799-43-2626
営業時間/11:00〜14:30 ※土日祝は〜15:00
定休日/火曜日
駐車場/あり(無料)

淡路島の海の音を聴いて育ったクラフトビール!

国際ビアカップで金賞を受賞した、世界が認めた島ビール、それが淡路島発のクラフトビール『あわぢびーる』です。

その製造方法は実にユニーク。淡路島の海の音をビール酵母に聴かせながら醸造する、名付けて『アイランド製法』が採用されているのだとか。金賞受賞のピルスナーは華やかな香りが印象的。ホップのほどよい苦味と甘味、旨味が調和した複雑な味わいがクラフトビール好きの心をくすぐります!

あわぢびーるは全6種類。定番のピルスナー、アルト、レッドエール、ヴァイツェンに加えて、淡路島の食材を使ったビールもあります。島で育てたキヌヒカリを使用した『淡路米仕込みピルスナー』は、新米の季節にはビールも新米仕込みに。淡路島産レモンで醸した『島レモン』もおすすめです。

> 国際ビアカップで金賞受賞!世界が認めた島ビール/あわぢびーる(兵庫県 淡路島)

あわぢビール
https://awajibrewery.com

冬の味覚「淡路島3年とらふぐ」は取り寄せてでも食べるべし!

ふぐの中でも最高級といわれる「とらふぐ」。兵庫県淡路島は、とらふぐの名産地のひとつです。

養殖のふぐといえば2年で出荷されるのが一般的ですが、それを1年グッとこらえて、3年をかけてじっくりと育て上げたのが「3年とらふぐ」。サイズが大きく、旨味がぐぐっと際立って、もう最高!これを食べるためだけに冬の淡路島を訪れる人も多いと言います。お取り寄せもできる、とのことで、瀬戸内Finderでは実食レポートを掲載しました。これがおいしそうなのなんのって…!

こちらが届いたセット内容。てっちり(鍋用の上身・アラ)・てっさ(刺身)・てっぴ(皮)・ひれ・白子がついた豪華セットです。

てっさを味わい、ふぐ鍋→ふぐ雑炊、白子を炙って、ひれ酒でちびちび!という最高のフルコースを味わう様子はこちらのYoutubeでぜひご覧ください。

> 淡路島の冬の味覚! 3年とらふぐ実食レポート/兵庫県淡路島

淡路島3年とらふぐ てっさ・てっちり(ふぐ刺し・ふぐ鍋)セット
10,000円(税込)〜
詳しくはこちら:https://www.shima-life.jp/SHOP/140425/179739/list.html

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

Hashtags

旬のキーワード

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP