2014.11.15
兵庫県 西宮市

西宮の歴史あるマリーナと砲台のある自然海岸

兵庫県西宮市の香櫨園浜(こうろえんはま)。かつて神社の前に位置したことから御前浜(おまえはま)とも呼ばれてきました。昭和40年までは香櫨園浜海水浴場として賑わい、小説家・翻訳家の村上春樹氏も子どもの頃よく泳ぎに来たと言います。

現在は香櫨園浜の南に埋め立て地が広がり、阪神高速道路湾岸線の白いアーチ・西宮港大橋が印象的です。砂の上では、近くの子どもたちが思い思いに遊んでいます。

浜の東端に向かうと、フェンスで囲まれた大きな円柱形の建物が見えてきます。幕末に大坂湾を守るために築かれた西宮砲台です。砲眼が11個設けられ、大砲で四方が狙えたと言いますが、実際に使われることはなく明治を迎えました。

砂浜はここで終わり。さらに東へ100メートルほど歩くと見えてきました。


人気カフェを通り過ぎたところに、西宮マリーナ。昭和20年開設の歴史あるヨットハーバーです。

海洋冒険家の堀江謙一氏は、ここから、世界初の単独無寄港での太平洋横断に出港し、成功しました。

村上春樹氏の小説「1Q84」に登場するビジネスマンがヨットを係留していると話した「西宮のヨットハーバー」もこのマリーナだそうです。

ほど近い埋め立て地に新西宮ヨットハーバーが開かれたあとも、西宮マリーナは真っ赤な西宮大橋を背景に静かな入江の風景が楽しめる場所として、変わらず市民に親しまれています。

歴史と文学と冒険に触れられる海。夕陽の似合う、ちょっとレトロな感じがいいんです。


香櫨園浜(御前浜)への交通アクセス:
バス/阪神西宮駅からバスで約15分 西波止町停留所下車5分
徒歩/阪神香櫨園駅から徒歩約20分
P/有料駐車場あり


瀬戸内Finder フォトライター堀まどか

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

堀 まどか

堀 まどか

堀 まどか/フォトライター 兵庫県生まれ、在住。実務翻訳、外国人起業家支援、通訳案内士(英語)、そしてフォトライター。 ネットマーケティングの外資系スタートアップで進行管理や顧客サポートを担当。 2011年から、フジサンケイビジネスアイ掲載の週刊コラム『ITビジネス最前線』を英日翻訳しています。 日常の風景や旅先で出会った人の表情など、心に触れるものを写真におさめています。瀬戸内のスポット、暮らしぶり、季節感、食を私目線で切り取ります。 写真ブログ http://riderv328.tumblr.com ツイッター https://twitter.com/Riderv328

「その他」の記事はまだまだあります

その他一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP