姫路で絶対おすすめ!春夏秋冬美しい好古園で花と紅葉と城を愛でる/姫路城西御屋敷跡庭園 好古園(兵庫県姫路市)

姫路城は好古園とセットで楽しむべし

世界文化遺産・国宝の姫路城の西に約1万坪の庭園が広がっていることを知っていますか。

それが、姫路城西御屋敷跡庭園『好古園(こうこえん)』。
発掘調査で確認された姫路城の西御屋敷跡や武家屋敷跡の遺構を活かして造られた庭園が9つもあるのです。

姫路を訪れたら、そして特に姫路城を訪れたら、ここに足を踏み入れることなく帰ってしまうのはとんでもなくもったいない。そんな素晴らしい庭園です。

国宝・姫路城を借景とするぜいたくな庭

一番の特徴は、もちろん姫路城を借景としていること。借景とは、庭の外にある風景を庭の背景として取り入れる技法をいいます。

真っ赤に色づく紅葉の背景に、壁の向こうに、そして可憐な花のかげから、ふと見上げると真っ白な姫路城がそびえています。

もうひとつの特徴は、見る者を楽しませるバラエティ。なにしろ趣の異なる庭が9種類もあるのです。

たとえば、『夏木の庭』には落葉樹ばかりが配置されていたり、『松の庭』は瀬戸内のアカマツ林をイメージして造られたりといった具合です。

さらに、手入れが行き届いた好古園には、春夏秋冬どんなときに訪れても私たちの目を楽しませてくれる季節のバラエティもあります。

『御屋敷の庭』にあるレストラン『活水軒』では池や紅葉を眺めながら食事が楽しめるのですが、ここは初夏が特におすすめです。『ざる夢そば・穴子天ぷら』の向こうに青紅葉。いいでしょう?

姫路で紅葉といえば好古園

この青紅葉が、秋になると言うまでもなく真っ赤に燃え上がり、好古園は紅葉を楽しもうと多くの人で賑わいます。

夜には園内の色付いた木々がライトアップされ、昼間とは違った静かでロマンチックな雰囲気に包まれます。

好古園は、2022年に開園30年を迎えます。姫路城の真隣という史跡にふさわしい庭園をその目で見てみてください。そして、姫路城を好古園から見上げてみてください。

「姫路城・好古園 共通券」を買ってよかった! と思わず感極まって叫びたくなるに違いありません。


姫路城西御屋敷跡庭園 好古園
住所/兵庫県姫路市本町68番地
電話/079-289-4120
開園時間/9:00~17:00(入園は16:30まで)(行事開催等により開・閉園時間を変更することがあります)
休園日/12月29日、30日(設備工事等により休園することがあります)
駐車場/最寄「大手門駐車場」(有料)
最寄駅/JR姫路駅、山陽電鉄姫路駅
https://www.himeji-machishin.jp/ryokka/kokoen

瀬戸内Finderフォトライター 堀 まどか

※感染症対策に配慮した上で撮影を実施しています。

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

堀 まどか

堀 まどか

堀 まどか/フォトライター 兵庫県生まれ、在住。実務翻訳、外国人起業家支援、通訳案内士(英語)、そしてフォトライター。 ネットマーケティングの外資系スタートアップで進行管理や顧客サポートを担当。 2011年から、フジサンケイビジネスアイ掲載の週刊コラム『ITビジネス最前線』を英日翻訳しています。 日常の風景や旅先で出会った人の表情など、心に触れるものを写真におさめています。瀬戸内のスポット、暮らしぶり、季節感、食を私目線で切り取ります。 写真ブログ http://riderv328.tumblr.com ツイッター https://twitter.com/Riderv328

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP