いつもとひと味ちがうエネルギーチャージの旅/兵庫県姫路市

スポット 1

池に浮かぶパワースポット

洲濱神社

「姫路市内に、姫路城以上のパワーを感じられるスポットなんてあるの?」そんな疑問はごもっとも。
ですが、信じてください。たつの市との境に近い山麓に、不思議なパワーを感じられる場所があるんです。

江戸時代はじめに、灌漑用のため池として造られた西池に浮かぶこの小さな神社。『洲濱(すはま)神社』といいます。

晴れた日に訪れると、空と水の美しさが際立ち、いつまでも日なたぼっこをしていたくなる場所です。

西池築造のときに州浜形(浜辺の入り込みをデザインした形)の小島を築いて、そこに市杵島姫神(イチキシマヒメカミ)を祀ったのが由緒と伝わります。市杵島姫神は美しい水の女神さまです。

小さいけれど鳥居もあり、島に渡ってしっかりとお参りすることができます。


洲濱神社(すはまじんじゃ)
住所/兵庫県姫路市林田町中構344
電話/079-261-2078(祝田神社)
最寄駅/JR東觜崎駅、JR姫路駅より神姫バス

車で約10分

スポット 2

お米やさんの古民家ギャラリーでランチ

米ギャラリー大手前

洲濱神社から車で10分ほどのところに、築140年の平屋の古民家で昼食をいただけるところがあります。

『米ギャラリー大手前』では、オーナーのお父さんが姫路城近くで営む『大手前米穀店』のおいしいお米と旬の野菜がたっぷり詰まったお弁当をいただけます(要予約)。

でも、大手前はただの古民家レストランではありません。お店の名前からもわかる通り、ここはオーナー夫妻の好きなものが集められたギャラリーなんです。

骨董品もあれば、現役で動く古いピアノもあり、ご主人の育てる山野草(さんやそう)もあり、本も自由に読める。ときには金継ぎ教室までやっている。なんて不思議な、そして温かい空間なんでしょう。

時間が許せば、オーナーに話しかけてみてください。きっとあなたの知らないことを何かひとつ、教えてくれますよ。


米ギャラリー大手前
住所/兵庫県姫路市林田町上伊勢338
電話/079-261-4612
営業時間/10:00~16:00
定休日/日曜・祝日
駐車場/あり(無料)
最寄駅/JR太市駅
Instagram @komegalleryotemae

車で約20分

スポット 3

安藤建築から姫路城

姫路文学館

ちょっと違う姫路旅とはいっても、やっぱり姫路城も一目見ておきたい。そんなあなたにおすすめするのが『姫路文学館』です。

姫路を中心に、播磨にゆかりのある作家や学者たちを紹介する姫路文学館は、姫路城の北西徒歩15分のところにあります。

古い町並みが美しい、落ち着いた地域にモダンな建物。もしや!これは!安藤忠雄氏の建築ではないですか。

館内のおすすめは、北館1階の『ことばの森』展示室。タッチパネルを使った演出で作家や学者の残したことばの数々が展示されます。
しばらく座って、溢れ出すことばを眺めていると深く考えさせられたり、はっと気付かされたり。時間が過ぎるのを忘れてしまう場所です。

外に出てみると、安藤忠雄氏の作品と国宝・姫路城のコラボレーションがなんと印象的なことでしょう。人の作り出すものはすごい。つくづくそんなことを感じさせられます。

姫路文学館では常設展示のほかに絵本作家の作品展などの特別展が開かれることもあります。ぜひチェックしてみてください。


姫路文学館
住所/兵庫県姫路市山野井町84番地
電話/079-293-8228
開館時間/午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日/月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土日の場合は開館)、 年末年始(12月25日から1月5日)
駐車場/あり(無料)
最寄駅/JR姫路駅、山陽電鉄姫路駅
https://www.himejibungakukan.jp

車で約25分

スポット 4

姫路の海で工場夜景

網干なぎさ公園

さて、人の作り出す美をもうひとつ。
姫路でこんな工場夜景はいかがでしょうか。

日が沈む前に、海辺の網干なぎさ公園に移動してきました。

目の前のヨットハーバーが美しく、朝の散歩にも最適な公園ですが、夜は工場夜景スポットとして知られています。足元に注意して、なぎさ公園みはらしの丘にのぼります。

西の空が茜色に染まり、そこに煙突がにょきにょきと並んでいます。

北側には化学工場が隣接していて、みはらしの丘からなら、望遠レンズを使わなくてもこんなに大きく見えるんです! 工場建築をしっかりカメラに収めたい人におすすめです。


網干なぎさ公園
住所/兵庫県姫路市網干区新在家246-2
駐車場/あり(無料)
最寄駅/山陽電鉄山陽網干駅

 

姫路は山も海も美しく、人が集まる商店街もあれば、おいしいお米が育つ田園風景も化学工場もある、多様な街です。
姫路のさまざまな顔を知るきっかけにこの旅プランを活用してみてください。

瀬戸内Finderフォトライター 堀まどか

※感染症対策に配慮した上で撮影を実施しています。

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

堀 まどか

堀 まどか

堀 まどか/フォトライター 兵庫県生まれ、在住。実務翻訳、外国人起業家支援、通訳案内士(英語)、そしてフォトライター。 ネットマーケティングの外資系スタートアップで進行管理や顧客サポートを担当。 2011年から、フジサンケイビジネスアイ掲載の週刊コラム『ITビジネス最前線』を英日翻訳しています。 日常の風景や旅先で出会った人の表情など、心に触れるものを写真におさめています。瀬戸内のスポット、暮らしぶり、季節感、食を私目線で切り取ります。 写真ブログ http://riderv328.tumblr.com ツイッター https://twitter.com/Riderv328

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP