築60年の空き家をリノベーションしたゲストハウス「とりいくぐる」/岡山県奉還町

岡山駅西口より徒歩13分。奉還町商店街のアーケードが切れた先に不思議な空間があります。

その不思議な空間の入り口がこの鳥居。この鳥居を抜けた先は「NAWATE(なわて)」と呼ばれています。
かつてこの辺りが、畷元町(なわてもとまち)と呼ばれていたことから、施設名をNAWATEとしたそうです。畷(なわて)とは、あぜ道という意味があります。

NAWATEの中心となっている施設が「とりいくぐる」。
2013年7月にオープンした岡山ではじめてのゲストハウスです。

施設の1階はラウンジになっています。
多くをスタッフの手作りで行ったという内装は、空き家の元の姿を残しつつも、清潔でシンプルです。
ラウンジは、宿泊客以外も利用でき、地元の方も頻繁に利用するそうで、地元と旅行者の交流スペースとして賑わっています。
中には、旅行客と地元の人がここで仲良くなり、一緒に旅行にでかけるなんてことも。

2階の宿泊スペースは20名程度の宿泊が可能。ドミトリーだけでなく個室もあります。
こちらも昔の雰囲気を残しつつも清潔で快適。女性専用のドミトリーもあるので、女性ひとりでも安心して宿泊できます。

中庭を挟んで、他のNAWATEの施設があります。
ギャラリーや私設図書館、アクセサリーショップ、フラワースタイリストのアトリエなど、個性豊かな店舗が並びます。
この中庭で映画上映や音楽イベントなども頻繁に行われています。
中でも人気なのは「たこ焼きパーティー」なんだとか。

とりいくぐるの共同オーナーの野口さん(右)と明石さん(左)。
「とりいくぐるのスタイルを主張するのではなく、利用者それぞれのとりいくぐるを体験してほしい」(野口さん)
1日中ひとりで本を読んで過ごしても心地よいだろうし、友人やここで知り合った人たちとわいわいしても楽しそう。宿泊者の自由度が高いゲストハウスです。

瀬戸内旅行の拠点として、このちょっと不思議なゲストハウスを利用してみてはいかがでしょうか?
のんびりし過ぎて、出かけずに終わってしまった、なんてこともあるかもしれません。


とりいくぐる
住所:岡山県岡山市北区奉還町4−7−15 NAWATE内
tel :086-250-2629
mail:info@toriikuguru.com
HP:http://toriikuguru.com/

男女混合ドミトリー 1人1泊/3,000円
女性専用ドミトリー 1人1泊/3,000円
個室 1名利用・1泊/4,000円 2名利用/6,000円

瀬戸内Finderフォトライター アサイアサミ/浅井克俊(ココホレジャパン)

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

ココホレジャパン

ココホレジャパン

ココホレジャパンは、岡山を拠点に全国で「地域の魅力を広告する」インディペンデントでオルタナティブな広告会社です。 雑誌「TURNS」の企画制作、岡山を代表する魚「ままかり」の可能性を探すプロジェクト=「ままかRe:Project」の主催のほか、CMやグラフィック制作など、広告屋さんぽいこともたまにしています。 大都市のモノマネ・劣化版ではない、その地域・企業だけの魅力を掘り起こし、デザイン・編集して、「これ、いいでしょ!」と伝えていく。 それが私たちの仕事です。 ココホレジャパン http://kkhr.jp

「ホテル・宿」のランキング

「ホテル・宿」の記事はまだまだあります

ホテル・宿一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP