あの『まるごとみかん大福』発祥の店で。フルーツ大福と伝統の味も!/一福百果・清光堂(愛媛県今治市)

みかん大福はここで生まれた!

愛媛といえば、やっぱりみかん。甘くてジューシーなみかんを丸ごと包んだ大福、その名も『まるごとみかん大福』は、今治市の『一福百果・清光堂』で生まれました。
キュートな雰囲気のこのお店、実は昭和27年創業の老舗和菓子店。地元で愛され続ける名店です。

みかんと和菓子、出会いの物語

平成の後期に入る頃、清光堂では何か新しいものを…と考えていました。「いちご大福があるなら、愛媛ではみかん大福はどう?」と、愛媛育ちのフレッシュな果実と和菓子が出会うことになったのです。

でも簡単ではありませんでした。まず、みかんが手に入りません。普通のみかんで試作して、できたのは特大サイズの大福。
もっと小さいみかんが欲しいと農家さんに相談しましたが、通常は摘果するサイズです。
大福にちょうど良い大きさと味のみかんを安定して入手できるまでには、何年もかかりました。

餡や生地も素材にこだわり試行錯誤を重ね、苦労の末にやっと完成しましたが、いざ売り出すとさっぱり売れません。「どうせいちごの代わりだろう」と批判も受け、それでもコツコツていねいに作り続けているうちに、だんだん人気が広がり始めました。

何年もかけて地元に受け入れられて定着し、やがて全国にも知られるお菓子になりました。

フルーツ大福のパイオニア!

こうして今やスタンダードになったフルーツ大福。
清光堂は『福を運ぶ贈り物』という思いを込めて『一福百果』のブランドを掲げ、愛媛産のさまざまな新鮮果実で大福を作っています。

みかんなど通年販売のものや季節限定ものなど、多い時期には10種類以上のフルーツ大福が並びます。
柑橘だけでも、紅まどんなや甘夏、はっさく、それから小太郎という木に実ったまま年を越すとっても甘いみかんなども。いちご、栗、ぶどう、メロン……他にもいろいろ、どの季節も見逃せません!

今回訪れた秋の初めは『いちじく大福』の季節が始まったばかり。とろりとふくよかな味わいです。
めずらしい『青い桃大福』は香り高くさわやかで、甘味と酸味のバランスが絶妙。

フルーツ大福は冷凍販売なので食べるときは冷蔵庫で解凍しますが、とけきる前のシャーベット状も美味! それぞれの色や断面のかわいらしさもぜひ愛でてください!

老舗和菓子屋の真髄ここにあり

大福のほかにも、季節を感じる和菓子やどら焼き、カステラにマドレーヌ…かわいくて美味しそうなお菓子がいっぱいあります。

そして清光堂といえばこれも外せない!というお菓子をご紹介しましょう。

それは『椀舟最中(わんぶねもなか)』。船の形をした最中で、香ばしい皮の中に、シソの風味がふわりと広がる餡がぎっしり詰まっています。
形も味もちょっと変わったこの最中は、清光堂の創業当時から続く伝統の品。清光堂がある今治市桜井地方の歴史がルーツです。

『椀舟最中(わんぶねもなか)』と桜井漆器の歴史

桜井地方は『桜井漆器』の産地です。
江戸時代後期に天領になった桜井では、船で年貢を大阪などへ運んでいました。帰りに漆器を仕入れて戻るとこれが評判になり、椀や膳など漆器を積んだ行商船で賑わうようになりました。
漆器の技術も伝わり、自分たちでも作り始め、現在に続く伝統の桜井漆器が生まれたのです。
詳しくは
>>日本伝統工芸、漆器の良さを体感!『伊予桜井漆器会館』

この漆器の行商船が、『椀舟』と呼ばれていました。清光堂は椀舟を最中で再現。今も地域の歴史とともに、変わらない味を守り続けています。

原点の桜井の浜から新たなる船出!

今治出身の私にとって椀舟最中は懐かしい味。子どもの頃は食べる前に船に見立てて遊んだものです……。
お店の方と思い出話をしているうちに、近くの名所や桜井の浜の話になり、ちょっと足を延ばしてみました。

清光堂から10分くらい歩くと『綱敷天満神社』があります。梅の名所としても知られる菅原道真公ゆかりの神社です。
東西南北に鳥居があり、西の鳥居から境内をまっすぐ進んで東の鳥居を出ると、目の前に海が!

国の名勝にも指定された『志島ヶ原』です。
この海を、かつて多くの椀舟が行き交ったのだろうなと、思いを馳せて眺めました。

昭和の『椀舟最中』、平成の『まるごとみかん大福』と、時代ごとに名品を生んだ『一福百果・清光堂』は、令和4年秋、新しいステージを展開します。椀舟最中誕生の原点である桜井の浜にもう一度立ちかえり、この浜をイメージした新商品が誕生。次の時代の始まりです!

 
瀬戸内Finderフォトライター 矢野 智子


一福百果・清光堂
住所/愛媛県今治市郷桜井3-4-5
電話/0898-45-0426
営業時間/10:00〜18:00
定休日/日曜日・月曜日
駐車場/4台
最寄り駅/JR伊予桜井駅
https://www.ichifuku-hyakka.com

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

矢野 智子

矢野 智子

1970年、愛媛県今治市生まれ。松山市在住。 大学時代を京都で過ごした後愛媛に戻り、システムエンジニアとして年の半分以上は県外出張という旅人のような生活を20年近く続けました。 退職後、愛媛を紹介する本を友人と作ったことをきっかけに、自分の「夢」と愛媛の魅力を再発見。地元出版社で編集のイロハを学び、現在は自らを「ことばのデザイナー」と称しフリーで活動中。書く、作る、伝えることに力をそそいでいます。

Hashtags

旬のキーワード

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP