写真映えする話題スポット『きらきら坂』/兵庫県赤穂市

まるでイタリアのような坂道

兵庫県赤穂市にある赤穂御崎は、瀬戸内海に面している岬。『恋人の聖地』としても認定されており、周辺には名湯百選に選ばれた『赤穂温泉』もあります。

そんな赤穂御崎に、2021年、イタリアのナポリを思わせるオシャレな坂道が誕生しました。

海へと向かう坂道の階段には、幾何学模様の色とりどりのタイルがずらり……!

とっても絵になる階段で、写真撮影をするのが楽しくなるスポットです。

階段から海側へ歩いていくと、瀬戸内海が一望できます。

写真の中央辺りに見えるのは、干潮時に岩へ渡ると願いが叶うかも……といわれている『たたみ岩』。我こそはという方は、ぜひチャレンジを。

『たたみ岩』へ続く階段付近の『大石名残の松』は、歌舞伎やドラマになっている『忠臣蔵(ちゅうしんぐら)』でおなじみの赤穂浪士、大石内蔵助が赤穂を離れるときに何度も見返したという逸話がある場所。
歴史好きは要チェックですね。

地面にあるハートのタイルを探してみて!

きらきら坂を歩いていると、何やら地面をじっくりと見つめている人の姿も。実は、皆さんのお目当てはハートの形をしたタイル。

『恋人の聖地』として認定された場所だけあって、このような遊び心があるところも素敵です。

ちなみに、このタイルがある場所は1カ所だけではありません……!

場所や数は秘密にしておくので、ぜひ現地で探してみてくださいね。

カフェや雑貨店、神社など見どころたくさん!

44メートルほどの坂道には、カフェや雑貨店などのお店が並んでいます。きらきら坂を訪れたら、周辺スポットもチェックしてみましょう。

きらきら坂の最寄りのバス停『御崎』停留所から徒歩1分ほどのところには、伊和都比売大神(いわつひめのおおかみ)という女神を祀っている『伊和都比売神社』があります。

同神社では限定御朱印や、縁結びのお守り『姫御守(ひめまもり)』が人気。神社の右手の方へ歩いていけば、きらきら坂がありますよ。

きらきら坂の中腹には、ガラス職人のオカモトヨシコさんが営んでいる『御崎ガラス舎』があります。

グラスやコップなどの作品を展示販売しているほか、アクセサリーやステンドグラスづくりの体験も実施しています。

きらきら坂をおりたところあるイタリア料理店『SAKURAGUMI (サクラグミ)』は、本場のナポリピッツァがいただけると話題の有名店。

お隣にはイタリアンジェラートがいただける『Scio’ Scio’(ショーショー)』もあります。

きらきら坂には、そのほかにも見どころが満載。
周辺スポットについては、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね!

>>まるでイタリア!『きらきら坂』の周辺スポット5選/兵庫県赤穂市


きらきら坂 
住所/兵庫県赤穂市御崎2-1
駐車場/30台(無料)
最寄駅/JR播州赤穂駅より神姫バス「かんぽの宿赤穂」行きに乗車。『御崎』停留所で下車後、徒歩すぐ
https://ako-kankou.jp (赤穂観光協会)

※カフェや雑貨店などの営業時間、定休日は店舗によって異なります。詳しくはお店の公式サイト等でご確認ください

瀬戸内Finderフォトライター 中田 優里奈

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

中田 優里奈

中田 優里奈

兵庫県神戸市在住のライター。 関西の観光、グルメを中心に企画・取材・編集を担当。 地域の魅力を発信したいという思いのもと、日頃から街歩きをしてネタ探しをしている。

Hashtags

旬のキーワード

「アート」のランキング

「アート」の記事はまだまだあります

アート一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP