絶景温泉と淡路島の美食を堪能/ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景(兵庫県洲本市)

疲れた体をたっぷり癒やしてあげたい。
そんなときに、ぜひ訪れてほしい場所が洲本温泉街にある『ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景』。
海と一体化したようなインフィニティ温泉と、淡路島の魅力がつまった美食。非日常を味わえる空間で、体と心を休める時間を過ごしませんか?

2021年、アートが楽しめる2室の特別客室が誕生

『ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景』がある洲本地域は、古くは城下町として栄えていた場所。
温泉街は大浜海岸から古茂江海岸にかけて広がっており、オーシャンビューを楽しめる旅館やホテルが軒を連ねています。

『淡路夢泉景』があるのも、そんな温泉街の一角。周辺にはグループホテルの『ホテルニューアワジ』や『海のホテル 島花』、『渚の荘 花季』などもあります。

関連記事
淡路島といえばここ!海の見える温泉リゾートで親子旅/ホテルニューアワジグループ(兵庫県洲本市)

リゾート滞在を彩る客室は全60室。
スタンダードな『松涛閣』から全室オーシャンビューの『特別フロア 里楽』など、コンセプトの異なる客室があり、シーンや目的に合わせた部屋選びができます。

中でも、6階建の客室棟『松涛閣』の最上階に位置する621号室と630号室の『コンフォートフロア専有露天風呂付特別客室』は、刺繍アートで知られる清川あさみさんが客室内のアートプロデュースを担当。
2021年にオープンして以降、人気の高いお部屋です。

一方、630号室には国内外で活躍する左官職人、久住有生さんが手がけた黒漆喰の壁も。
天井が高く、ゆとりある空間で心ゆくまでくつろぎ、日々の疲れを癒やしてあげてください。

どちらの客室も100㎡以上と広々としており、専有露天風呂やテラス付き。食事はダイニングにて、目の前で料理人が調理をしてくれるという贅沢なおもてなしも。プライベートな空間で、新鮮なお造りや淡路牛を楽しめる会席コースをたっぷり堪能できます。

ちなみに、1階のティーラウンジにも清川さんのアート作品『inori』が展示されています。紀淡海峡に昇る朝陽をモチーフにした作品は、なんと5m越えという大作!力強さが感じらえるこちらの作品も、ぜひご覧あれ。

目の前に海が広がる絶景温泉

『淡路夢泉景』のおすすめポイントの一つが、目の前に海が広がるインフィニティ温泉。
湯賓閣の2階にある展望露天風呂『天宮の雫』では、海と一体化したような絶景ビューが楽しめます。

波音を聞きながら、ただ目の前に広がる海をぼんやりと眺める時間はとっても贅沢!
朝陽が昇り、空の色が移り変わっていく景色を見れば、「ここに来てよかった」としみじみと感じられます。

さらに、1階には露天風呂では2018年に開湯した新源泉「洲本温泉」と、自家源泉のにごり湯「古茂江温泉」の2つの湯を楽しむことも。泉質はややぬめり感があるのが特徴。湯上がりはしっとりとした肌触りで保温効果も高く、女性にもおすすめの温泉です。

そのほか『淡路夢泉景』の宿泊者は、回廊で結ばれた『ホテルニューアワジ』の『スパテラス水月』内にある『淡路棚田の湯』と『くにうみの湯』を利用することも可能。3つの異なる温泉が一度に楽しめる点もまた、『淡路夢泉景』の魅力の一つ。ぜひ、湯巡りも楽しんでくださいね。

夜は淡路のおいしい料理を満喫

『淡路夢泉景』の料理はプランによって異なります。

料亭『潮路』で会席料理を食べるも良し。鍋ダイニング『いいそ』で島の魅力が詰まった鍋に舌鼓を打つも良し。部屋食にして周りの目を気にせず、ゆっくり食事を楽しむのも良し。
淡路島の恵みを盛り込んだ料理をじっくり味わってください。

夜食を食べたくなったら、BAR&DINING『バル淡道(あわじ)』へ。
夕食のラストオーダーは21:30ですが、夜食なら24:00まで利用可能。
軽く一杯飲んだあとは淡路産の玉ねぎと牛肉を使った『淡路島牛丼』や、地元の漁港で獲れた『海鮮淡路島ぬーどる』を〆にいただくのは、いかがでしょう?

ワーケーションにもおすすめ。『淡路夢泉景』コワーキングスペース

近頃人気となっている観光地などの旅行先で仕事をする『ワーケーション』という働き方。
『淡路夢泉景』にも、そんなニーズに応えたワーキングスペースが用意されています。
ティーラウンジにあるスペースは机が広く、コンセント付きUSBポートも完備。

また、『淡路夢泉景』の宿泊者は『ホテルニューアワジ』の別館4階にあるコワーキングスペースも無料で利用できます。

数日間宿泊して温泉や料理を楽しみつつ、日中はコワーキングスペースで仕事。外の景色が見えるカウンター席、屋外にあるデイベッドで気分転換をしながらまた仕事へ、なんて過ごし方もおすすめです。

 
瀬戸内Finderフォトライター 中田 優里奈


ホテルニューアワジ別亭 淡路夢泉景
住所/兵庫県洲本市小路谷1052-2(古茂江海岸)
電話/0570-079922 (ホテルニューアワジグループナビダイヤル / 9:00~20:00)
アクセス/神戸淡路鳴門自動車道『洲本IC』または『淡路島中央スマートIC』から車で約15分
https://www.yumesenkei.com

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

中田 優里奈

中田 優里奈

兵庫県神戸市在住のライター。 関西の観光、グルメを中心に企画・取材・編集を担当。 地域の魅力を発信したいという思いのもと、日頃から街歩きをしてネタ探しをしている。

Hashtags

旬のキーワード

「ホテル・宿」のランキング

「ホテル・宿」の記事はまだまだあります

ホテル・宿一覧

Release

瀬戸内リリース

Ranking

記事ランキング

Keyword

人気のキーワード

Hashtags

旬のキーワード

Features

特集

特集一覧
こちらもおすすめ
せとうちを巡ろう!旅行先の「ちょっと先」に行きたい場所が見つかる。
瀬戸内海はいろんな橋や船で繋がる、「めぐる」のに便利な場所。せとうちの魅力を堪能するには、1か所だけじゃもったいない。せっかくなら、もう一足伸ばして、別の魅力も体験しませんか?
PAGE TOP