食・体験・宿泊のできる理想のリゾート地「Sun Resort NIO」/香川県三豊市

香川県の西部、瀬戸内海にちょこんと突き出した荘内半島(しょうないはんとう)。
ここに新鮮な地元食材を使ったナポリピッツァが食べられるお店があります。

三豊市仁尾町(におちょう)にある「サン・リゾート仁尾」。

まず目に飛び込んでくるのは青々と茂る芝生の広場。
まるで南国のリゾート地のような開放感!

古い倉庫型の外観。明るい大窓の外には、オシャレなオープンテラス。
右奥にはピザ窯も見えます。

お店の自慢は、地元食材を使ったナポリピッツァ!
焼釜は、本場ナポリから直接取り寄、毎日薪をくべる本格派。
ピッツァ職人は、休日を利用しながらナポリ研修へ。
あらゆるピッツァを食べ歩くという熱心さ!
ピッツァはテイクアウトもできるので、お土産として何種類かまとめ買いしてしまいそう。


季節ごとに変わるピッツァのメニューも楽しみ一つ。
レモンの時季なら、仁尾町で取れたレモンを贅沢にたっぷり絞っていただく仁尾リモーネがオススメ。
濃厚なチーズと爽やかなレモンの酸味、意外と合うんです!

そして、
「リゾート」と名付けられている理由。
こちらのお楽しみはレストランだけではないのです。
実は、キャンピングカーで来ても楽しめるスポット!
県外のキャンパーにも大人気なんですよ。

広い芝生に車を止め、テントを張ってバーベキューをしたり、倉庫の中にある広いコートを使ってスポーツをしたり、近くの海でシーカヤックを楽しむ事もできます。
ドリンク持ち込みOKのバーベキューセット(ピッツァ付き!)もあり、使い勝手のよさも魅力!

「食・体験・宿泊ができる理想のリゾート地を地元で創りたかった」

そう話すのは、店主の三野(みの)さん。

自分が育ったのと同じように、自然に囲まれた環境で子育てをしたいーー
その思いで、地元である香川で飲食店開業を決意。
荘内半島の魅力に惚れ込み、かつて木材業者が使用していた倉庫を改装し、仲間と共にお店をオープン。
今後は、他店舗の参入も視野に入れ、来訪者がより楽しめる場所を目指しているとのこと。

こちらはお店の裏。三野さんが一番好きな場所なのだそう。

「営業時間終了後、夕日を見ながらここで翌日の準備をするのが好きなんだ」

環境の素晴らしさもさることながら、
このリゾートの魅力の秘密は、三野さんご自身がこの場所を楽しんでいらっしゃることなのかもしれません。

家族やカップルで1日中のんびりと楽しむ事のできる「サンリゾート仁尾」。
今後、このお店を中心に色んなお店が集まると思うと、とっても楽しみです!


■お問い合わせ先
サンリゾート仁尾
http://www.sun-cafe.net
シーカヤック:http://free-cloud.jp/
住所/香川県三豊市仁尾町家の浦326
TEL/0875-82-3711
営業時間/平日 AM:11:00〜PM7:00
     土、日、祝日 AM:9:00〜PM7:00
(ランチ:11:00~15:00)
定休日/月曜日(祝日の場合は、翌日振替)

瀬戸内Finder フォトライター 三木清太郎

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「ホテル・宿」のランキング

「ホテル・宿」の記事はまだまだあります

ホテル・宿一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP