たかが素麺、されど素麺!イロイロ食べ比べ!

夏の定番、素麺。
つるつるっとした喉越しで、暑い日は氷に載せ、寒い日はにゅうめん…などなど、沢山のアレンジが出来て、朝昼夜問わず食べられる、なかなか便利な乾麺です。
桃色と緑色の素麺を、兄弟で奪い合い!!
そんな思い出がある人も少なくないのでは?
さて、素麺と言っても、様々な種類があるのをご存知でしょうか。
兵庫アンテナショップ『兵庫わくわく館』で、たくさんの素麺を見つけました。

兵庫はそうめんの代表的な産地のひとつ。あの有名な揖保乃糸も兵庫のブランドです。
この豊富なラインナップ! どれが一番おいしいの?
ズバリ、兵庫出身の店長にオススメを聞いてみたのですが、それぞれの味わいが違いすぎて選べないと言われてしまいました。
それならば…味わいの違いを楽しめるセレクトで大人買い!

そうめんと言っても、お値段もバラバラ。細さや製法も様々。
奥右側は手延素麺の下管部分。三味線のバチが語源。お吸い物などに使われるそう。
さて、味わいはどのように違うのでしょうか。

シンプルに茹でて比較してみました。

正直にいうと…どれも美味しい(笑)
確かに微妙に風味や歯ごたえが違うのですが、決定的な違いは何か。

それは、細さです!
よーく見てください。


左から
揖保乃糸・黒帯(特級品:熟練の職人が厳寒期に製造)
揖保乃糸・赤帯(上級品:スーパーなどで手軽に購入できるタイプ)
厄(ヤク)上りそうめん(製造後一定期間経たものを“古(ヒネ)”と呼ぶ)
絹しぐれ(餅味そうめん)
華色そうめん(白、緑、黄、紅色の彩りそうめん)

断面をよーく見てみると…


左のほうが細いのがわかりますか。
この細さが歯ごたえや喉越しにも影響してくるようです。

いろいろ食べた中から筆者が個人的にオススメするのは…
揖保乃糸・黒帯。これがダントツの細さ。喉越しが良く、細いのにしっかりとした歯ごたえ。
歯ごたえという点でいうと、古(ヒネ)もかなりコシが強い印象。
でも、やっぱり懐かしい思い出がある色付き素麺も捨てがたい…。

皆さんはお気に入りの素麺がありますか?

協力:兵庫わくわく館
所在地:東京都千代田区有楽町2丁目10−1 東京交通会館地下1F
TEL:03-6273-4133
Facebookページ:https://www.facebook.com/hyogowakuwaku
HP:http://www.hyogowakuwaku.com

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「おみやげ・お取り寄せ」のランキング

「おみやげ・お取り寄せ」の記事はまだまだあります

おみやげ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP