はまちの漬け丼に、牡蠣フライ!!地元の食堂で瀬戸内の旬をお腹いっぱい召し上がれ

香川といえば、『讃岐うどん』のイメージが強いですが、瀬戸内海がすぐ近くにあるため、新鮮な海の幸も気軽に味わうことができます。
今回は、高松市牟礼町(むれちょう)にある『海鮮食堂じゃこや』をご紹介します。市街から国道11号線を西に車で20分ほど走らせたところに、『源平の里むれ』という道の駅があります。その中に、平日は地元客、休日は観光客でにぎわう、『海鮮食堂じゃこや』があります。

じゃこやでは、獲れたての新鮮な食材で調理された料理を、1品100円〜600円程度の価格で味わうことができます。おかずの種類は、さしみ、煮付け、天ぷら、丼ぶりものなど、常時60品にもおよびます。

調理してくれるのは地元のお母さんたち。素朴で懐かしいご飯が味わえます。

じゃこや一番人気のメニューは、はまちの漬け丼。並もりで650円。このボリュームで驚きの価格です。


はまちは、脂がのっているイメージですが意外とあっさりとした味わいで、適度な歯ごたえがあり食材の新鮮さがわかります。秋から冬の時期は、香川県のブランド魚である「オリーブハマチ」の漬け丼を味わうことができます。

こちらは、冬期限定の牡蠣フライと牡蠣の炊き込みご飯。香川の志度湾で水揚げされた牡蠣を使っています。
じゃこやでは、季節限定で旬の食材を使ったメニューが食べられることも魅力です。

お腹が満たされたら、道の駅に併設されている産直市と物産品コーナーへ。
産直市では、地元の農家を中心に、香川県産の新鮮な野菜がお手頃な価格で購入できます。
物産品コーナーでは、香川県内・四国の特産品をはじめ、その他の地域から集められたユニークな商品が揃っており、お買い物やお土産探しにぴったりです。

じゃこやは、休日のお昼時には行列ができるほどの人気ぶりなので、お越しの際は少し早めにでかけることをおすすめします。あれもこれも食べたくなってしまうほど、メニューの種類が豊富ですので、ぜひお腹をすかせて行ってみてください。


海鮮食堂じゃこや
http://www.genpei-mure.com/syokudo/
住所:香川県高松市牟礼町原631-7 道の駅源平の里むれ内
最寄り駅:琴平電鉄志度線『塩屋駅』・『房前駅」から徒歩約5分
営業時間:平日11:00〜14:00
土・日・祝   11:00〜15:00
定休日:無休(臨時休業の場合あり)
TEL:087-845-6080

瀬戸内ファインダー フォトライター 小林有美

大きな地図を見る>

この記事が役に立ったらいいね!してね

関連キーワード

関連記事

この記事を取材したフォトライター

瀬戸内Finder 編集部

瀬戸内Finder 編集部

地元の皆さんからの写真や、在住ライターの記事で発信する、瀬戸内地域の観光情報サイト、「瀬戸内ファインダー」を作る編集部です。 瀬戸内海を囲む兵庫県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、香川県、徳島県の7県に関わる旬な情報を日々更新しています。   お問い合わせは下記まで Email : staff@setouchifinder.com

「グルメ」のランキング

「グルメ」の記事はまだまだあります

グルメ一覧

Features

特集

特集一覧
PAGE TOP